体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

Sponsored Link

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


clock3

1: ケツすべりφ ★ 2013/08/05 23:48:54
ダイエット中は「甘いおやつなんて厳禁」とガマンしすぎてドカ食いをしてしまった経験、
あなたにもありませんか?本当はガマンしないでスイーツを食べながらダイエットしたい
ですよね。実はダイエット中でも時間や選び方の工夫次第で甘いものを食べてもいいのです!

そこで今回は、ダイエット中におやつを食べてもいい時間帯をご紹介します。

まず最初に、ダイエット中に甘いものを食べたときの身体の反応を簡単にご説明しますね。

甘いものを食べると血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると癒しホルモンとも呼ばれる
脳内物質の“セロトニン”が分泌されるのです。“セロトニン”は精神安定剤の役割を果たし、
食欲を抑え食べ過ぎの防止ができます。

この身体の反応を利用すれば、おやつを食べても大丈夫というワケ。実際におやつを
食べてもいい時間帯とはいつなのでしょう?

1.朝食の30分後

血糖値の上昇はゆっくりなので、十分に上がるまで約30分かかります。朝食後30分以内に
食べてしまうと食べ過ぎる可能性があるので要注意です。逆に30分を過ぎると満腹感を感じて
「食べたい!」という欲求も減ります。

2.昼食の30分前

(1)でも説明したように、糖分が身体に入って30分を過ぎると身体は「満腹ですよ」と脳に
サインを送ります。お昼を食べるときには脳が満足しているので、必要以上に食べる心配も
ありません。

3.昼食後30分~夕食30分前

午後空腹を感じるのは15~16時がピークではないでしょうか。この時間帯は基本スイーツを
食べてもOKですが、できれば脂肪分の少ない和菓子を選択するとさらに効果的。

(1)~(3)のルールを守れば、基本的にガマンしなくてOKです。とは言ってもいくら食べても
太らないというわけには行きません。少しの量でも満足できてカロリー控えめなドライフルーツや
柑橘系のフルーツ、上質なオイルで美容効果の高いナッツを中心に考えましょう。

「ダイエット中なのに大好きな甘いものが食べられる時間があるなんて!」と幸せを感じませんか?
この時間帯は女性にとってのゴールデンタイムと言っても過言ではないかもしれません。

いかがでしょうか。ダイエットで甘いものをガマンし、カロリー計算に夢中になって神経質に
なると心にも身体にもマイナスばかりです。痩せるなら健康的にやせたいと考えるはず。
運動のあとにご褒美おやつや、前の日の夜にコンビニで買ったおやつを朝食時に食べるなど、
ルールを守った上で楽しみながら続けるのがダイエット成功の秘訣ですよ。(モデルプレス)

http://news.livedoor.com/article/detail/7927348/


Sponsored Link
【【ダイエット】食べても太らない時間帯】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

img55438730


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/09(木) 11:10:36.72 ID:77FeQiJm0
やりたくないならやらなくていいよ

【炭水化物抜きダイエット効果あり。成功!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

004230

1: 名前アレルギー 2013/02/13(水) 10:54:18.75 ID:6+oWMpri
紫外線(日光)アレルギーには、日光蕁麻疹、化学物質による光感作、多形日光疹などがあり、
太陽光にさらされた皮膚にかゆみを伴う皮疹ができるのが特徴です。
皮膚症状は発赤や浮腫、あるいは発疹(丘疹、蕁麻疹、水泡など)です。
これらのアレルギー反応は遺伝する傾向にあります。

【紫外線アレルギー、日光アレルギーの症状と対策】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

27718


1: 無記無記名 2013/04/08(月) 22:32:56.13 ID:9ACn5yqt
【衝撃研究結果】 運動前にストレッチすると怪我しやすくなる
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0408&f=column_0408_037.shtml

怪我の予防には、運動前の入念なストレッチ――それが常識だと思っている人は多いはずだ。
ところが、どうやらそれは誤解らしい。
スポーツの前にストレッチをすると、運動能力が落ち、怪我のリスクも高まるという。

危険とされているのは、一定時間同じ体勢で静止して体を伸ばす「スタティック(静的)ストレッチ」。
調査を行ったクロアチアのザグレブ大学研究チームは、45秒以上同じ箇所を伸ばさないよう警告している。

・ストレッチにより筋力、瞬発力が低下する
ストレッチを行うと、筋肉や腱が伸ばされてゆるむ。
ストレッチは体を柔軟にしパフォーマンスの向上や怪我の予防に繋がるというイメージがあるが、実は筋肉が瞬発力を失う原因になるのだ。

同大学がプロのアスリートらを対象に調査したところ、45秒以上の静的ストレッチにより筋力は平均5.5%、跳躍力や瞬発力も平均3%ダウンした。
ストレッチの長さが90秒以上になると、筋力は更に顕著な低下を見せた。
スポーツ科学誌『TheJournalofStrengthandConditioningResearch』でも、ストレッチの後ではウエイト・リフティングで上げられる重量が8.3%減少したとの報告が掲載されている。

・運動前のストレッチは怪我の原因にもなり得る
関節まわりの筋肉や腱がゆるむことで怪我も起きやすくなるという。
過剰なストレッチは腱の弾力性を損ない、関節にかかった負荷を和らげる役割を失わせるのだ。

・運動前の正しいウォーミングアップとは
専門家らは、運動前には同姿勢でじっくり伸ばすストレッチは避け、その場での軽いジョギングや、運動の中で実際に出てくる動きを軽く行うなど、体を動かしてウォーミングアップをするよう推奨している。

ストレッチは運動の後で、筋肉の回復、筋肉痛予防を目的に行うのが良いとのことだ。
風呂上がりや就寝前にやることで柔軟性を高めたり、リラクゼーション効果を得たりもできるので、上手に生活の中に取り入れていきたいものである。

【【 逆効果!? 】運動前のストレッチは怪我の元】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

whiteboard_up_man

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/22(月) 17:49:42.77 ID:nJqCYk/J
最近、間食を辞めて1日二食(昼・夜)の生活をしています。
昼の食事量はほとんど変わってませんが、夜の食事量をコンビニおにぎり一個~二個程度に減らしました。

この程度の食事制限で痩せる効果は得られるでしょうか?

ちなみに172cm,80kgの21歳男です
【【 ダイエット 】少し痩せてきたら、ダイエットシュミレーションをしてみよう。】の続きを読む

このページのトップヘ