体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

うつ病

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_nigawarai_man

1: 2017/06/03(土) 21:57:23.800 ID:LiISL3DC0
親族は皆◯んだらしい
ラジオが欲しいらしい
精神病院ではiPhoneもゲーム機も持ち込み禁止らしい
ラジオが唯一の娯楽だと、しかし長年使用していたラジオが壊れたと
俺はラジオを買ったよ
あとは何を差し入れしたら喜ぶだろうか?

【精神病院に入院している中学時代の友人から手紙が届いた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
happy_man5
6: 2017/06/03(土)17:38:30 ID:NS7
対処法、と言っても心構えのようなものでしかないけれど

7: 2017/06/03(土)17:39:41 ID:NS7
鬱病患者は基本的に空気
その場にいるけど精神的にやんでて動く屍なので
基本的に存在を感じないように過ごすこと

【元鬱病だけど鬱病患者が周りにいる際の対処法について教える】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
job_keibiin_man_

1: 2017/06/06(火) 07:23:07.04 ID:Q4XOK6Mv00606
人間関係のストレス皆無

たまに散歩するだけで終わる模様

2: 2017/06/06(火) 07:23:34.11 ID:L9xDQDwud0606
楽しそう

3: 2017/06/06(火) 07:23:47.64 ID:1j3EQtLK00606
そのうち頭おかしくなってやめるで

【鬱病が理由で営業辞めて夜間の警備員始めた結果】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/21(日) 10:07:57.10 ID:V5doSW6c0 BE:509143435-PLT(12000) ポイント特典
精神的な問題を抱えながら自立や社会復帰を目指す人の「中間的就労」の場として、農業体験が成果を上げている。
栃木県若年者支援機構は2011年から、200人以上の若者を県内の農家や工場などに派遣し、7割を自立に導いた。
自然相手の農業はストレスが少なく、作業も多彩。働くことや人付き合いの訓練になり、体力が養われるなどの効果が見込めるという。

■中間的就労に最適 自然が相手仕事も多彩

栃木県若年者支援機構には、働く意志はあるものの、習慣や体力がなく就職が難しい15~39歳の若者が相談に訪れる。
多くが社会での挫折や引きこもりを経験、精神疾患などの問題を抱えるなど、他人の助けがなければ自立への一歩を踏み出せないでいる。

このため同機構では、農業などを経験することで自己管理能力や体力、コミュニケーション能力を養い、自信を持って就職してもらおうと半年間の「中間的就労」を提供する。
協力企業30社と農家5戸から仕事を受注し、年間約30人を派遣。現在、13人の若者が登録している。

工場などでは室内の狭い空間に常に多くの他人の目があり、対人関係が苦手な人にとってストレスが大きく、さらに自信を失ってしまうこともあるという。
一方、自然相手の農業はストレスが少ない。同機構の大森里史さんは「伸び伸びと作業でき、参加しやすい。日々違うことが経験でき、訓練には最適」と、農業の可能性を感じ取る。
http://www.agrinews.co.jp/p40911.html

【【うつ、引きこもり】栃木県「自立や社会復帰を目指す人の(中間的就労)を募集」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_unzari_man
1: 2017/04/22(土) 10:40:00.39 ID:BtvDp0pU0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170422-00000006-ann-soci

5年間で7万錠以上 病院内で向精神薬が紛失 鹿児島

鹿児島県奄美市の病院が、うつ病の治療などに使われる薬を7万錠以上、紛失したことが分かりました。

慈愛会・奄美病院によりますと、先月、薬剤師が納品された薬の数と使用した数の違いに気付いて調べたところ、多い月で約5000錠、5年間で7万錠余りの薬がなくなっていたということです。

なくなったのは、うつ病の患者に処方される「向精神薬」で、鍵の付いた倉庫などで管理していました。薬剤師が持ち出す時に数を確認していましたが、納品した数と使用した数を照合する確認はしていませんでした。

病院による調査では薬の所在が分からず、警察にも連絡してなくなった原因を調べています。

【向精神薬ってうつ病が更に酷くなるって本当?】の続きを読む

このページのトップヘ