体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

社会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
byebye_boy

1: 2018/05/17(木) 16:54:52.51 ID:CAP_USER9
いまどきの小学校では、同級生や友人の名前を呼び捨てにしたりあだ名で呼ぶことをせず、名字に「さん」を付けて呼ぶ小学生が増えている。埼玉県の小学校に勤務する現役教師はこう語る。

「私も自分のクラスでは生徒同士に『さん付け』をさせています。そのメリットとして、明らかにケンカが減った、という教師としての実感があるからです。相手を怒鳴る前に自分の頭の中に“さん”が浮かぶと、ちょっと冷静になるんでしょうね。

あだ名で呼ぶことは、いまの小学校では考えられません。それくらいイメージが悪いのです。理由は、あだ名で呼ぶことでいじめと捉えられる可能性があるからです」

実際に小学校では「あだ名の禁止」や「さん付け」などの丁寧な呼び方をすることを規則に定めることで、いじめを防止しようとする動きがある。

いじめなどのトラブル防止という目的以外にも、「さん付け」を推奨する指導が行なわれているという。それがエスカレートして、男子に対する「くん付け」を禁止する学校もある。文科省OBで京都造形芸術大学教授の寺脇研氏は言う。

「『くん』を禁止して『さん』に統一することに関しては、性差別を生まないようにという配慮です。

かつて学校で、出席番号を男女一緒にする『男女混合名簿』が導入された際には、男子児童から先に名前を呼ぶといったことで男性を優先することがないように、という意図がありましたが、『くん付け』も男子への特別扱いとみなされ、禁止の流れになっているのです」

前出の小学校教師はいう。

「正直、ヤンチャな男子生徒に『さん』は変だな、と思いますが、万が一親から『女性だけに付けるのは性差別だ』といったクレームが来たら、と考えると男女とも『さん』に統一したほうがいいとなる。批判されないようにするにはこれしかない、ということなのです」

文部科学省の見解はこうだ。

「あだ名を禁止したり“さん付け”をさせることが定められているわけではありません。全国に1700以上ある自治体の約85%が『いじめ防止対策推進法』に基づいた方針を制定済みですが、実際の運用については各自治体および学校に任せています」(初等中等教育局)

いじめ対策やジェンダー教育は重要だろうし、呼び名の変化は時代の流れなのかもしれない。だが、「ジャイアン」と「のび太」が「剛田さん」「野比さん」と呼び合うようになったら、あまりに味気ないのでは。

※週刊ポスト2018年5月25日号

小学校の下駄箱に名前を書かないのは「個人情報保護」のため

https://news.goo.ne.jp/article/postseven/life/postseven-673615.html

【【差別】最近の小学校は「さん付け」らしい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
man_question

1: 2018/06/10(日)22:41:49 ID:lce
新幹線よく乗るやつほど不必要って言うて乗らないやつほど必要という世界

2: 2018/06/10(日)22:45:13 ID:ONr
面倒くさい、

【新幹線に荷物検査は必要か不必要か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/05/10(木)22:51:51 ID:C0T
女の子やんwww
54regfd


【ネットに自分の目の画像を晒した結果】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
car_driving_man

1: 2018/05/09(水) 12:02:27.45 ID:lNmxq2C50● BE:935911373-2BP(2000)
中国の交通事情は日本と大きく違っている。
日本は歩行者優先が徹底されているが、中国は自動車が歩行者に道を譲らないケースが非常に多く見られ、歩行者はたとえ横断歩道の信号が青でも周囲を見渡してから横断しないと危険を感じるほどだ。

そして、中国では歩行者も交通ルールを守らない人が多く、信号のない場所でも自動車が来ていないとなれば勝手に横断してしまう光景は日常茶飯事だと言える。
自動車も歩行者も交通ルール無視が非常に多いため、中国では交通事故による◯者数も極めて多く、年間20万人以上が事故で死亡しているという統計もあるほどだ。

中国メディアの快資訊は6日、日本では中国のように信号を無視して道路を横断したり、信号のない場所で無理に横断したりする歩行者はほとんどいないと伝えつつ、これは「日本人の民度が高いからなのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

記事は、日本では中国に比べて交通事故で死亡する人の割合が少ないと伝え、これは日本人の民度と関係があるのだろうかと主張する一方、実際は日本でも信号を無視して道路を横断する人を見かけることがあると主張。
つまり、日本人の民度が極端に高いというわけでもなく、別のところに要因があるはずだと論じた。

続けて、日本では、たとえ歩行者であっても信号無視をしていれば過失割合が非常に高くなってしまうと紹介、これは交通事故が発生した際の過失割合が「公平かつ公正」に定められており、中国との大きな違いでもあると強調。

また、日本では小学校などの頃から交通安全に対する意識づけが行われており、全体として交通ルールを守る意識が共有できているとし、こうした点も「日本では中国と違って信号無視が少ない理由」であると伝えている。

(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1658931?page=1

【【民度の差?】日本で信号無視をする歩行者が少ない理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/05/06(日) 04:06:52.65 ID:nzug5XhQ0
どんだけ常日頃からイライラしてんねん

5: 2018/05/06(日) 04:08:44.38 ID:+LBstrJJa
余裕ないやつ多いよな

6: 2018/05/06(日) 04:09:23.40 ID:nzug5XhQ0
>>5
ほんまに
舌打ちに限らず他人の陰口とかも多すぎて引く

【【理由】東京の人間ってなんであんなに舌打ちするん?】の続きを読む

このページのトップヘ