体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

うつ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tsumekiri_woman

1: 2017/12/12(火) 08:27:19.62 ID:kp/CuEHX0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
【鉄欠乏がすぐわかる 爪チェック】

●爪の部分が白い
透明感と光沢があり、薄いピンク色なら健康。色が白っぽく、カサついていたら要注意。

●爪のアーチがなく平ら
健康な爪は断面がアーチ形になっている。薄く平坦になっているようなら鉄欠乏かも。

●押すとやわらかい
片側の親指で爪の上からしっかり押したとき、薄くてやわらかく感じるようならSOS。

●指先が冷たい
鉄欠乏により細胞のエネルギーが不足し、指先の血行が悪くなっている可能性が。

●爪切りでパチンと鳴らない
赤ちゃんのように爪がやわらかいと、爪を切ったときに音が鳴らない。

https://news.nifty.com/article/item/postseven/12180-635818/


【【うつの一因は鉄欠乏と糖質過多】鉄欠乏がすぐわかる爪チェック】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tehepero2_youngman

1: 2017/10/24(火)00:42:00 ID:8eg
無職で暇なので

4: 2017/10/24(火)00:47:00 ID:WvR
職どうすん?

6: 2017/10/24(火)00:48:06 ID:8eg
>>4
病気理由でやめたので年内いっぱいはゆっくりしたいと思います

【病気で介護職辞めたけど質問ある?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kagu_light_pendant_snafkin
1: 2017/08/22(火) 02:16:18.64 ID:CAP_USER9 BE:128043854-2BP(1000)
寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000013-asahi-soci

夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめた。明るいことで眠りの質が落ちて体のリズムが乱れるなどして、心の不調につながっているらしい。世界的にも珍しい調査で、結果は米国の疫学専門誌電子版で速報された。

奈良県明日香村や香芝市などに住む60歳以上の男女863人の協力を得て、2010年から14年にかけて寝室にセンサーを設置。寝床に入ってから出るまでの明るさを計測した。
健康などに関する質問にもこたえてもらい、その後の経過を2年間ほど追った。

期間中、寝室が「暗め」(平均0・4ルクス)だった710人のうち52人、「明るめ」(同12・4ルクス)だった153人のうち21人が、新たにうつ症状を発症した。
年齢や性別、世帯収入などが影響しないよう調整して分析すると、「明るめ」の人たちは「暗め」の人たちの約1・9倍、うつ症状を起こしやすかった。

【電気をつけて寝ている人はうつ病になりやすい!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
egg_white
1: 2017/08/10(木) 17:13:20.79 ID:IcZzAKDT0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
うつやパニック障害の症状を訴えてきた患者さんに、投薬治療とともに、鉄分を補う栄養療法を行いました。
すると4カ月目あたりから鉄不足が解消され、少しずつ元気を取り戻して、薬を手放すことができるように。その後、日常生活を快活に送ることができているという報告が相次いでいるのです」

■1日に卵を3個食べる

たとえば、朝はサラダに目玉焼きで1個、夜は卵焼きで2個など。卵は生ではなく、加熱すると食べやすい。量を取るためには、食べ方を工夫するとよい。

「毎日、同じ卵焼きを食べていると飽きてしまいます。そんなときはトッピングを工夫するのがコツ。生クリーム、じゃこ、明太子、チーズなど、日替わりで中身を変えて食べると飽きません」(藤川先生・以下同)

■ヘム鉄が多く含まれる肉・魚を1日200g食べる

1食70gを目安に牛肉、豚肉、鶏肉、魚をローテーションにする。例・「鶏肉」焼き鳥のレバー、親子丼/「牛肉」野菜炒め、ステーキ、しゃぶしゃぶ、タン塩焼き/「豚肉」しょうが焼き/「魚」カツオやマグロの刺身、サンマの塩焼き、サケのムニエル。

「お金をかけたくない人は、豚のこま切れを使った野菜炒めもおすすめです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00010004-jisin-soci

【鬱やパニックの症状がある人は1日卵3個食べてみて】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/05/21(日) 10:07:57.10 ID:V5doSW6c0 BE:509143435-PLT(12000) ポイント特典
精神的な問題を抱えながら自立や社会復帰を目指す人の「中間的就労」の場として、農業体験が成果を上げている。
栃木県若年者支援機構は2011年から、200人以上の若者を県内の農家や工場などに派遣し、7割を自立に導いた。
自然相手の農業はストレスが少なく、作業も多彩。働くことや人付き合いの訓練になり、体力が養われるなどの効果が見込めるという。

■中間的就労に最適 自然が相手仕事も多彩

栃木県若年者支援機構には、働く意志はあるものの、習慣や体力がなく就職が難しい15~39歳の若者が相談に訪れる。
多くが社会での挫折や引きこもりを経験、精神疾患などの問題を抱えるなど、他人の助けがなければ自立への一歩を踏み出せないでいる。

このため同機構では、農業などを経験することで自己管理能力や体力、コミュニケーション能力を養い、自信を持って就職してもらおうと半年間の「中間的就労」を提供する。
協力企業30社と農家5戸から仕事を受注し、年間約30人を派遣。現在、13人の若者が登録している。

工場などでは室内の狭い空間に常に多くの他人の目があり、対人関係が苦手な人にとってストレスが大きく、さらに自信を失ってしまうこともあるという。
一方、自然相手の農業はストレスが少ない。同機構の大森里史さんは「伸び伸びと作業でき、参加しやすい。日々違うことが経験でき、訓練には最適」と、農業の可能性を感じ取る。
http://www.agrinews.co.jp/p40911.html

【【うつ、引きこもり】栃木県「自立や社会復帰を目指す人の(中間的就労)を募集」】の続きを読む

このページのトップヘ