体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

うつ病

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/02/22(水) 16:47:18.53 ID:CAP_USER9
「スッピンだから」「吹き出物を隠すため」「口臭が気になるから」…そんな何気ない理由でマスクを耳に引っかけたことのある人は少なくないはず。
だけど、頼りすぎると依存して、思わぬ「落とし穴」にはまることに──。

寒風吹きすさび、目下インフルエンザが大流行中。街でも電車でも、学校でもオフィスでも、屋内外を問わず目に付くのはマスク姿ばかり。
15年前にはそんな光景はなかったはずだが…。
『[だてマスク]依存症』(扶桑社新書)の著者の菊本裕三さんが指摘する。

「それまで家庭用マスクはガーゼでしたが、2003年頃から不織布が使われ、性能も使い勝手も飛躍的にアップ。
新型インフルエンザが大流行した2009年にはドラッグストアの店頭からマスクが消えるほど、爆発的に普及しました。
それ以降、感染予防という本来の目的ではなく、『だてマスク』として使われるケースも多くなりました。
中高生の若者だけでなく、社会人や年配者にも増えているんです」

マスクユーザーの約半数が感染予防以外の目的で使っているという調査(2015年12月)もある。
冒頭のような「スッピン隠し」は最も多い例だが、最近では「口元を隠せば目ヂカラが強調できる」「小顔効果がある」などの“美的効果”を狙う「だてマスク」もある。

日本人のそうしたマスク偏愛は外国人には理解しがたいようだ。「アメリカで日常的にマスクをつけるのはマイケル・ジャクソンだけ」(アメリカ人)、
「電車でつけている人がいたら重病人かと思って誰も近づかない」(ドイツ人)、「整形後なのかなと思う」(韓国人)という声を聞けば、日本の状況が世界でいかに珍しいかがわかるだろう。

精神科医の片田珠美さんはこう警鐘を鳴らす。

「相手との意思伝達は大きく2つに分けられます。
バーバル(言語)コミュニケーションと、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションです。
『表情』というのは非常に重要なノンバーバルの手段ですが、マスクをするということは、“自分の表情を隠す”ということにほかなりません。
つまり“能面”をつけて、コミュニケーションを半分拒否するわけです。
それを続けているうちに、しだいにコミュニケーション能力が低下します」

欧米を中心とした外国人が会話するとき、日本人よりも表情が豊かだと感じることが多いが、それは彼らが「非言語」のコミュニケーションを重要視しているから。
彼らがマスクを嫌がるのには、その辺りにも理由がありそうだ。

「コミュニケーション能力が衰えれば、対人関係に自信を失います。すると、さらに他人の視線を怖く感じるようになり、精神的な安定を求めて、マスク依存が深まります。
そうした負のスパイラルの行き着く先は、マスクをしないと外に出られない、人に会えないという状態で、引きこもりやうつを引き起こす可能性もあるんです。

実感として、インフルエンザや風邪で内科に通う患者よりも、うつ病で精神科に通う患者のほうがマスクをしている率が高いように思います。
それは、うつ病患者はしばしば自信を失っていて、自分の喜怒哀楽を知られることを嫌がり、他人の目線を怖いと感じるからなんです」(片田さん)

ふと何気なくマスクをしてしまう人は要注意だ。

※女性セブン2017年3月2日号

https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-494493/
2017年02月22日 11時00分 NEWSポストセブン

http://office-66.com/wordpress/wp-content/uploads/2007/09/mil_03jpg.JPG

【【だてマスク】「いつもマスク」の生活でうつ病を引き起こす恐れあり】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/20(木) 09:26:41.23 ID:gii02KoT0● BE:163221131-PLT(34337) ポイント特典
米国ピッツバーグ大学の論文によると、ソーシャルメディアに費やした時間が最も長いグループは、最も短いグループに比べ、2・7倍も鬱(うつ)病のリスクが高いという。

・多種類のSNSも要注意

さらに大切なこともわかった。時間よりもたくさんの種類にアクセスすることが、より鬱病リスクを高めることがわかった。フェイスブック、ユーチューブ、インスタグラム等たくさんの種類にアクセスすることが、より鬱病リスクを高めるという。
ソーシャルメディアを7種類以上使っている人は、2種類以下しか使っていない人に比べて、3・1倍も鬱病リスクが高いというのだ。スポーツファンは新聞を紙で読んでいる方がよいのだ。オールドスタイルの紙の本の方が健康リスクが少ない。

・鬱病のリスクが高い国

日本には100万人の鬱病患者がいると言われている。鬱病でなくても、鬱傾向にある人は7人に1人いるのではないかという専門家もいる。職場に1人くらいは、物事をネガティブに考える人がいるという時代だ。これではチームが一丸とはなかなかならない。生産性も上がらないのだ。

2030年までには、ソーシャルメディアの使い過ぎが、先進国の精神疾患の第1位になると予想されている。どうしたらいいのだろう。

・ユーモアを忘れるな

日刊スポーツを紙媒体で読み、野球やサッカーに夢中になったり、たまには競輪をしてみたり、芸能情報に詳しい人になったりするのは、鬱対策になるように思う。

一番は朝太陽に1回当たること。ダジャレでもいい。ユーモアを忘れないようにしよう。とにかく笑うことが大事。ソーシャルメディアに心まで支配されないように注意しよう。

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1807592.html

【うつ病のリスク高めるSNS】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kokoro_pokkari_ana_man
8: 2016/12/21(水) 19:50:02.35 ID:NA9IzhbZ
とにかく環境を変えようと、必死で就活してるけど次々にくる不採用通知に心が折れそう。

11: 2016/12/21(水) 22:13:21.73 ID:nrTtIXnt
>>8
お互いに良いところに巡り会えたら良いね
落ちたところは縁がなかったと気持ちを切り替えよう

12: 2016/12/22(木) 18:36:41.92 ID:Et7DD6Zm
>>11
そうだよね。
「縁がなかっただけ」
「みんな何十社も受けてるんだ」
「そんなに簡単に決まるものじゃない」

頭では分かっているつもりなんだけど求人票の枚数が減っていく度に、自分の命も削られてく気がして怖い。

13: 2016/12/22(木) 20:00:19.75 ID:TmT1Cfc2
>>12
もう障害者採用してるほとんどの企業受けた。
説明会だっていつもの企業。
仕事内容は障害者向けの事務補助がメインなのに、いつもブース出してる。
あれは人事部の暇つぶしなのか?

【【うつ病の就職活動】とにかく環境を変えようと、必死で就活してる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kaisya_man_bad
1: 2017/03/26(日)22:53:22 ID:Fno
病院側も何かしら病名つけないとっていうのはわかるけど、
まさか自分がうつ病とは思わなかったよ、、、

2: 2017/03/26(日)22:54:05 ID:cec
あいつら原因不明なのは全て
ストレスかうつで片付けるから信用できん

3: 2017/03/26(日)22:55:15 ID:mdH
>>2
ストレスはともかくうつ病はそういうのではないので

7: 2017/03/26(日)22:57:43 ID:jbh
>>2
最初にうつ病なんて言う人いないって
たいてい適応障害

【倦怠感がひどくて病院いったらうつ病と診断された】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kokoro_pokkari_ana_man
1: 2017/03/30(木) 23:17:38.10 ID:whJ3BNJL0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
◇「不当訴訟で精神的苦痛」横浜地裁判決

IT会社がうつ病で退職した元社員の男性(28)を相手取り約1270万円の損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁(石橋俊一裁判長)は30日、「不当訴訟によって男性が精神的苦痛を受けた」として、逆に会社に110万円の支払いを命じた。

判決などによると、男性は2014年4月、神奈川県内のIT会社に入社したが、長時間労働や上司のパワハラが原因でうつ病となり、同12月に退職した。会社が15年5月に「詐病で退社して会社に損害を与えた」と提訴してきたため、男性も反訴した。

判決は「会社側が主張する損害は生じ得ない」と指摘。訴状が届いた直後から不眠を訴えるようになるなど男性が精神的苦痛を受けたと認定した。
男性の弁護士は「退職後の報復的な損害賠償請求は労働者を萎縮させ、『辞められない』被害を生む」と話した。【早川健人】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000139-mai-soci

【【鬱最強】うつ病退職した元社員に1270万円の損害賠償請求で提訴した会社、逆に110万円支払い命令へ】の続きを読む

このページのトップヘ