体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

イチロー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/09/17(月) 20:12:52.71 ID:qvhraJED0
5resdva

2: 2018/09/17(月) 20:13:25.25 ID:x4jnWlx0a
エッッッッッッッッッッ

【イチロー(44)の肉体】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/09/18(火) 10:18:51.03 ID:CAP_USER9
イチ、大谷に“新二刀流”提案 投打1年ごと専念で夢のWタイトル


マリナーズのイチロー球団会長付特別補佐(44)が16日(日本時間17日)、エンゼルスとの今季対戦を終えたタイミングで、スポニチ本紙を通じ大谷翔平投手(24)に情愛あふれるエールとメッセージを送った。

右肘に損傷が発覚し、今後の動向が注目される大谷だが、メジャー通算3089安打のレジェンドは「真の二刀流」として本塁打王とサイ・ヤング賞の獲得が可能だと見ている。

今季19試合のエンゼルスとの対戦を全て終え、大谷の投打のパフォーマンスを確認したイチローは「ポテンシャルについてはまさに言わずもがな、でしょう」と切り出した。

マリナーズ戦では投手として5月6日に先発し、6回0/3を2失点で勝利投手。
最速は99・5マイル(約160キロ)を記録した。
打者としては43打数10安打(打率・233)ながら今月15日には1年目の日本選手として初の20号本塁打を放った。

メジャー18年間で「次から次へと出てくる」と、若く才能あふれる選手の出現を表現したイチローだが、その目にも大谷に勝る才能の持ち主は皆無に映った。
だからこそ、自身の考える「真の二刀流」を期待する。

「個人的な興味としては、ピッチャーとバッター、それぞれを年間通して見てみたい。
サイ・ヤング賞をとった翌年にはホームラン50本で本塁打王。
そんな空想でもしないことを現実にできる可能性のある選手が、この先の未来に出てくるでしょうか?」

世界歴代最多の日米通算4367安打を放ち、「最低でも50歳」までの現役を目指している。
既存の概念を覆す先駆者にしか思い描けない新たなる二刀流。
その提言は、常に人のできないことを目指し、実践してきた大谷の価値観にも重なる。

「もちろんそれは才能だけでは不可能でしょう。僕が見る限り、翔平にはその才能を磨いて生かす才能が備わっているように思います。実はほとんどの選手にそれが備わっていないのです」

44歳の天才打者と24歳の才能あふれる若者は、己の志を貫き通す「孤高」の2文字でつながる。
戦ってきた歳月は違えど、歩み、戦ってきた道のりは同じだ。イチローにはそれが分かる。

「人と違う道を行くのは常に困難がつきまとうものですが、翔平ならきっとそれをも越えていくのでは、と期待しておきます」

情愛に包まれたメッセージ。大谷ならば深い部分で理解できるだろう。真の二刀流へ。
イチローの言葉は温かく、優しく、期待に満ちあふれていた。
(笹田幸嗣通信員)

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/18/kiji/20180917s00001007482000c.html
試合前、イチローとあいさつを交わす大谷(左)
ukj5ryhbfd


【イチローが提案する、大谷の“新二刀流”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/09/07(金) 01:36:24.88 ID:ENM8m3F90
にゃ~ん(笑)
45ygre


5: 2018/09/07(金) 01:37:50.92 ID:BN4g7al40
マリにゃーズ

【【画像】イチロー、今度は猫になる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/09/03(月) 12:44:02.99 ID:WteDRDT7M
味方が勝利すると、真っ先にマウンドへ行きナインを祝福
「ヘイ! へ~イ!! ナイスゲーム!」

マリナーズのイチロー(44)が試合終了とともにグラウンドに飛び出し、大声を上げながらナイン一人ひとりを指さす。
さらにホームに向かい投げるそぶりをして、守護神エドウィン・ディアスのモノマネ。
「似てるだろう~」と、ディアスに向かいゲラゲラ笑うのだ――。

球団会長付き特別補佐に就任した、イチローのテンションが異常に高い。
スポーツライターの友成那智氏が語る。
「ちょっとおかしいくらいです。明言していませんが、ベンチにいることが多いため『ケミストリー・メーカー』(空気を作る役)に徹しているようです」
ハイテンションは試合前からだ。
「見た、見た!? 今のスゴイっしょ!」
スタンドインした打球の鋭さを自慢するように、周囲に話しかける。

イチローに、今季の出場機会はない。だが試合前の打撃練習ではバッティンググローブをガッチリと装着し、他の選手とともに汗を流すのだ。現地を取材したスポーツ紙記者が話す。

「イチローの打球は、他のどの選手よりも飛んでいます。ほとんどがヒット性のライナー。
練習を見ていたサーヴィス監督が、『球団はどうしてイチローをフロント入りさせたんだ? 使わないのはもったいない』とボヤいていたほどです」

前出の友成氏が、イチローが上機嫌の理由を明かす。

「要因は二つあります。一つはチーム内の居心地の良さ。以前マリナーズに在籍していた時(’01年~’12年)はプレーに集中するためチームメイトとほとんど交流せず孤立していましたが、
現在は『後輩はかわいい』と息子のような世代の選手たちと積極的に会話しているんです。
二つ目は打球の衰えのなさです。
周囲からは事実上引退したと思われていますが、本人は本気で50歳まで現役を続けようと考えている。
東京ドームで行われる来季の開幕戦で、復活を印象づけようとしているのでしょう」
イチローがテンションの高さを維持できれば、ひょっとすると現役復帰もありうるかもしれない。
ベンチでもハイテンションは変わらず。ヒットを打った同僚に対し満面の笑みで得意の指さしポーズ
試合後にグラウンドで見せるのも指さしポーズ
知り合いのカメラマンを見つけて「いい写真を撮れよ!」
今季の出場機会はないが試合前の打撃練習は欠かさない。毎日午後4時頃からケージに入り安打性の打球を連発する
http://news.livedoor.com/article/detail/15249097/

【最近、イチローの様子がなんかおかしいと現地で話題】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
fgs

1: 2018/05/08(火) 06:50:31.27 ID:Iobf0NIhp
イチローが大谷についてコメント。「なかなか欠点が見つけづらいかな。194センチのおじいちゃんになることくらいですかね、欠点は。だいぶ先のことなんで、現段階ではなさそうですね」(日刊スポーツ)

2: 2018/05/08(火) 06:50:56.63 ID:X9xPTmRMa
滑ってるなあ

【イチローが大谷翔平の欠点を指摘】の続きを読む

このページのトップヘ