体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

クレジットカード選び

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/03/16(金) 17:15:05.71 ID:CAP_USER
これまでカード選びの基準といえばポイントの還元率だった。
ところが、昨年、1.5~2.0%といった高還元率カードが軒並み「改悪」や新規発行停止となり、カード選びの基準が今、大きく変わろうとしている。

そこで、還元率に代えて、(1)「付帯保険」を新しい物差しにする(海外旅行傷害保険やショッピング保険を特別視する)(2)「総合点」で評価する(年会費やポイントなどスペックごとに点数をつけて比較)(3)「ゴールドカード」を新しい基準にする、などの案が出ている。
しかし、「保険」はあくまで「もしも」のサービス、「総合点」は公平性を担保できるか疑問、「格安ゴールドカード」では大した特典は期待できないとあって、ポスト高還元率の候補はいずれも「帯に短し襷(たすき)に長し」だ。

クレジットカードは発行会社によって系列に分かれている。
その中で、注目したいのは、交通系、流通系、通信系(ネットを介した流通も含む)の3つだ。
これを私は、共通する「通」の字を取って〝3通カード〟と呼んでいる。
たとえば交通系ならビューカード、流通系ならイオンカード、通信・ネット系ならdカードなどだ。
これらのカードは身近で利用機会が多いためポイントの貯まりも早く、ポイント利用も簡単だ。

また、3通カードの発行会社は、いずれも厳しい消費者の目にさらされ、熾烈なカードサービス競争を繰り広げている。
そこで、私は3通カードを新しいカード選びの基準にすることを提案したい。

◎3通カードは取扱高でも銀行系に匹敵する規模に成長

2016年のクレジットカードショッピング取扱高は、53兆9265億円で前年比8・2%増(日本クレジット協会調べ)。
銀行系、信販系、商業系(流通系)、その他(交通・通信系)の取扱高推移を10年ごとに比較したのが図2だ。
20年前は銀行系の独り勝ちだったが、この10年で3通カードが大きく伸び、現在は流通系にその他を加えると銀行系を上回る勢いである。

3通カードの中で特に伸びているのが楽天カード(図3)。
2013年3月に始まったテレビCM「楽天カードマン登場」で加入者が急増し取扱高も増えた。
2位のイオンフィナンシャルサービスはイオン銀行と合併して取扱高を増やした。
3位のトヨタファイナンスはエネオスカードを傘下に入れたことで会員数が急増している。

交通系の代表格ビューカードは〝Suicaファースト〟の流れに乗ってApple Payで優先採用され注目を集めている。
通信系では、ドコモが2015年にDCMXに代わってdカード、dカードGOLDの発行を開始した。

4-14-003-e1519110513931

4-14-004-e1519110538774


3通カードの特徴は3つある(図4)。
1つは電子マネーとの親和性が高いこと。
例えばイオン本体が発行する電子マネーWAONは、子会社が発行するイオンカードセレクトを組み合わせればお得になる。
セブンカード・プラスとnanaco、ビューカードとSuicaも同様だ。

2つ目は、共通ポイントとの関係が強いこと。
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが有利だし、楽天スーパーポイントなら楽天カードがオススメだ。
還元率アップのキャンペーンが頻繁に行なわれるので見逃さないようにしたい。

3つ目は、スマホとの相性がいいこと。独自の家計管理アプリや、Apple Pay、アンドロイドペイが手軽に使えたりする。

このように3通カードは、財布の中にしまったままのキャッシュカード付きの銀行系カードとは比較にならないほど利便性が高い。
ただし、銀行系カードといってもAmazonマスターカード(三井住友カード)やVIASOカード(ニコス)などのネット系カードは例外。
信販系でもOrico Card THE POINTはネットに強く人気がある。

3通カードを選ぶ際に大事なのは、自分のライフスタイルをよく知っておくこと。コンビニでの買い物で得したいのか、ドライブなどレジャーでの利便性を重視するのか、ネットショッピングで得したいのか。
それができればあなたのカードライフは俄然、光り輝きだすだろう。

4-14-005-e1519110591660

https://dime.jp/genre/515293/

【【クレジットカード選び】今、選ぶなら「3通」が正解!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
credit_card_platina_silver
1: 2017/07/13(木) 09:19:17.62 ID:CAP_USER
星の数ほどあるクレジットカードだが、近年、さらなる激変が起きているという。自らも60枚近いクレジットカードを保有し、ポイント交換サービス「ポイ探」代表取締役を務める菊地祟仁氏は、最近の情勢についてこう語る。

「ここ数年、熾烈化してきたポイント還元率競争は完全に消耗戦となりました。すでに足元で収束化している模様ですが、唯一、プリペイド方式の『LINE Payカード』だけが還元率2%を維持し、気を吐いています。ただ、むしろ今は新規の『GINZA SIXカード』が象徴するように、ゴールド系カードよりも上位のプラチナ系に各社が力を入れ始めています」

ちょっと前までステータスの証しだったゴールドカードだが、今や比較的簡単に発行してもらえることが明らかになり、その価値に変化が生じている。

「プラチナカードのコンシェルジュデスクなら、電話1本であらゆる予約の手配や問い合わせなどにも迅速に対応してもらえるので、年会費は高くても秘書を雇うよりもはるかに割安と考える人が増えているようです」

これに加えて、「もう1つの大きな潮流がある」と指摘するのが、クレジットカード事情にも詳しい消費生活ジャーナリストの岩田昭男氏だ。

「まず、既存のApple PayとGoogle Payの覇権争いが今後、さらに本格化するのが必至です。それで何が起こるかというと、クレジットカードの世代交代です。キャッシュレスが進み、銀行口座内のお金をセブン-イレブンのレジで受け取れるなど斬新なサービスが続々と生まれる一方で、これまでのクジレットカードが徐々に守勢に回ってゆくことが予測されます」

https://hbol.jp/144599

【クレジットカード選びを「還元率」で決めるのはもう古い!では何が決め手に?】の続きを読む

このページのトップヘ