1: 2017/04/21(金) 15:19:22.870 ID:qn/zqQ5UM
調査はボストン大学医学校の研究チームが米マサチューセッツ州フレミンガムに住む45歳以上の2888人と、60歳以上の1484人を対象に実施し、1991~2001年にかけて糖分の多い飲料水と人工甘味料入りの飲料水を摂取した量を調査。

このデータと比較して、45歳以上のグループでは以後10年間の脳卒中の発症率を調べ、60歳以上のグループでは認知症の発症率を調べた。

その結果、人口甘味料入りの清涼飲料水を1日1回の頻度で飲んでいた人は、そうでない人に比べて、虚血性脳梗塞を発症する確率がほぼ3倍に上ることが分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-35100153-cnn-int

【【スクラロース、アセルルファムK】人工甘味料は認知症のリスクを3倍に上げる】の続きを読む