体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

タバコ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kinen_iraira

1: 名無しさん 2014/04/05(土)13:17:47 ID:M3CxFIpxk
どうやって辞めるん?

2: 名無しさん 2014/04/05(土)13:18:32 ID:bnHmKgKro
吸わない

4: 名無しさん 2014/04/05(土)13:19:56 ID:FbO4ohdZX
タバコ嫌いと一緒にいるとやめる

5: 名無しさん 2014/04/05(土)13:19:58 ID:VE4ODJRPP
ガムくっとけ
周りの喫煙者とかかわらない

【【タバコ やめ方】煙草辞めれたやつ助けて【禁煙外来 費用】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2014/03/31(月)15:38:20 ID:6jfD5wD6v

なにやってんのこれww
9dbf6041-s
たばこを探す
b9c60e27-s
副流煙を吸い
bad0ba11-s
体にもあびる
3bd41f0d-s


【【タバコ 禁煙方法】有吉の禁煙のやり方おかしいだろ【副流煙】ひろいきの 140331 ひろいきの楽屋【動画】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kinen_iraira

1: 2013/12/08(日) 11:15:19.04 ID:SmaJzUCDP BE:1038543326-PLT(12050) ポイント特典
「ちょっとタバコ吸ってきます」 喫煙休憩は「労働者の権利」として認められるか?

最近は職場の分煙化が進み、昔に比べると、タバコを吸わない人が「受動喫煙」に悩まされることは少なくなってきている。一方で、まだまだ企業に残っている文化がある。「タバコ休憩」というものだ。

喫煙者が「ちょっとタバコ吸ってきます」と10分ほど席を離れ、屋外や喫煙ルームにタバコを吸いに行く。間隔はだいたい1~2時間おき、といったところだろうか。喫煙者が多い職場だと、常に誰かが喫煙ルームでタバコを吸っている、なんてこともあるかもしれない。

たしかに、途中で気分転換をはかることも大切だ。吸わないと落ち着かないという人もいるだろう。だが一方で、非喫煙者からは「休憩時間でもないのにタバコを吸って休むのは不公平だ」といった声も挙がっている。

こうした「タバコ休憩」は、従業員の権利として認められて然るべきなのだろうか。逆に、会社側は従業員の「タバコ休憩」を強制的にやめさせることができるのだろうか。労働問題にくわしい緒方剛弁護士に聞いた。

●「喫煙の自由」は、憲法で保障された「人権」に含まれるが・・・

「従業員に喫煙をする権利があるかという点ですが、『喫煙の自由』は憲法13条の保障する人権に含まれるものの、必要性と合理性がある場合には制約することができる(最高裁昭和45年9月16日判決)、と考えられます」

このように緒方弁護士は、最高裁の判例にもとづいて説明する。

「また、会社には、労働の内容や遂行方法、場所などに関する労務指揮権がありますので、就業時間内にどのように仕事をしてもらうかを決めることができます。このため、労働者側に一定の権利があるとしても、これを合理的な範囲内で制約することは許されるのです」

では、「タバコを吸う権利」についてはどうだろうか?

「会社は、従業員の『タバコ休憩』を強制的にやめさせることができると考えられます」

緒方弁護士はこう述べつつ、その理由について、次のように説明する。

「喫煙目的で持ち場を離れることをやめさせることは業務上の必要性もありますし、(休憩時間を除く)就業時間内に限定すれば、合理性のある範囲内だといえるからです」

どうやら、会社が「就業時間中に持ち場を離れて、タバコを吸ってはいけない」と指示すれば、従業員はそれに従わざるをえないようだ。「ただし」と言いつつ、緒方弁護士はこう付け加えていた。

「従業員との摩擦を避けるために、禁煙支援なども同時に行っていくことが望ましいでしょう」

愛煙家からは「会社にお願いしたいのは、喫煙支援のほうだよ」というボヤキが聞こえてきそうだが、禁煙の流れは強まる一方なのが現実だ。もし会社が「禁煙支援」をしてくれるのならば、それに乗ってみるのもいいかもしれない。


http://www.bengo4.com/topics/1026/

【【メリット】「タバコは百害あって一利なし」論破できる?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kitsuenjo_mark

1: 2013/10/31(木) 03:10:50.06 ID:LNVZmuCz0 BE:342027124-BRZ(11020)
10月28日の日経メディカルオンラインが、「喫煙者は痛風になりにくい?」という見出しで、興味深い記事を紹介しています。

痛風というと、おじさんの病気というイメージがあるかもしれません。また、痛風という病気を初めて聞いた人もいるかもしれませんので、少々解説を。
痛風とは、老廃物として排出されるはずの尿酸という物質が血液中に増え(高尿酸血症といいます)、関節炎を起こした状態をいいます。
尿酸という物質が血液中に増えて、体内で結晶状態になると、異物を排除する白血球(正確には主に好中球)が、尿酸の結晶を攻撃するようになります。
その結果、血管や他の組織が炎症を起こして、激痛が起こるようになるのですが、俗に、風が吹いただけでも激痛が起こるほど痛いということから、
痛風と呼ばれてきました。

体内で尿酸が増える理由については、お酒の飲みすぎや、高カロリーなものの食べすぎで太ることが大きな原因とされています。
ただ、比較的健康に気をつけた生活を送っている人も痛風になることがあるので、遺伝やほかの原因があるのではないかと言われてきました。

さて、「喫煙者は痛風になりにくい?」という日経メディカルの記事ですが、10月26日の米国リウマチ学会で公開された、スタンフォード大学メディカルスクールWeiqi Wang氏の研究報告を根拠にしているようです。

スタンフォード大学メディカルスクールのWeiqi Wang氏らは、1948年から2002年の統計データを調べ、調査開始時に、
痛風にかかっていない人を対象に(痛風にかかっていないという判断は、X線診断、医師による診断、痛風薬の服用、
自己申告を根拠にしているようです)最長54年間追跡調査を行っています。

【【喫煙】痛風患者はタバコを吸ったほうがいいというデータ発表【アメリカ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
akachan_okurumi

1: 膝十字固め(WiMAX) 2013/11/03(日) 16:13:32.81 ID:XIweHIEuP BE:1621479492-PLT(14008) ポイント特典
不妊の原因 半数は男性 積極治療を
11月3日 15時49分

不妊に関する正しい情報を知ってもらおうという催しが東京・港区で開かれ、
専門家が不妊の原因の半数近くは男性にあるとして積極的に治療を受ける
よう呼びかけました。

この催しは、不妊の患者を支援するNPO法人「Fine」が毎年開いているもので、
東京・港区の会場にはおよそ400人が集まりました。
ことしは男性の不妊治療を専門とする石川智基医師が講演し、不妊の原因の
半数近くが男性にあることを説明したうえで「妻だけが不妊治療に通うケースが
多いが妊娠の確率を高めるためには夫が積極的に医療機関に通うことが必要だ」
と訴えました。
また、日頃から男性が注意する点として、精子は熱や酸化に弱いため、タバコや
長風呂、それにサウナは避けることや、ブリーフよりもトランクスをはくこと、
それに何日も精子をためないことなどが紹介されました。
Fine理事長の松本亜樹子さんは「不妊は誰もがなりうる身近なことなので、
前向きに治療に取り組んでもらいたいし、周囲の人も理解をして温かくサポート
してほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131103/k10015775211000.html

【【検査】辛い不妊の原因の半分は男性にある。原因はタバコや長風呂、ストレス】の続きを読む

このページのトップヘ