体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

リスク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
phone_businessman3_cry
1: 2018/06/13(水)20:13:39 ID:ijp
辞めたとして職歴に書かないとダメか?

年金手帳と被保険者証は提出した
雇用契約者はまだ貰ってない
社会保険の手続きも保険証貰ってないからまだだと思う

【【リスク】せっかく転職したのに2日目で辞めたい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/05/20(日)00:25:12 ID:IfL
正解やで

2: 2018/05/20(日)00:47:16 ID:z3r
どう危険なんや?

5: 2018/05/20(日)01:00:56 ID:IfL
>>2
株価下落
減配
優待廃止
倒産

【【リスク】株式投資が危険だと思ってやらない人】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/02/16(金) 20:35:22.88 ID:CAP_USER9
パートナーがいる父親やシングルマザーと比較して、シングルファーザーはリスクが2倍以上になるとするカナダの研究結果が15日、発表された。

公衆衛生に関する専門誌「ランセット・パブリック・ヘルス(Lancet Public Health)」に掲載された論文の執筆者らは、ひとり親家庭の割合がカナダと同程度の先進諸国にも当てはまる結果だろうと述べている。

トロント大学(University of Toronto)のマリア・チウ(Maria Chiu)氏が主執筆者を務めた今回の研究では、カナダ全土のシングルマザー4590人、シングルファーザー871人を含む4万500人を11年間にわたって追跡調査した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3162581

【シングルファーザーは長生きできない!リスクが2倍以上】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kagu_light_pendant_snafkin
1: 2017/08/22(火) 02:16:18.64 ID:CAP_USER9 BE:128043854-2BP(1000)
寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000013-asahi-soci

夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめた。明るいことで眠りの質が落ちて体のリズムが乱れるなどして、心の不調につながっているらしい。世界的にも珍しい調査で、結果は米国の疫学専門誌電子版で速報された。

奈良県明日香村や香芝市などに住む60歳以上の男女863人の協力を得て、2010年から14年にかけて寝室にセンサーを設置。寝床に入ってから出るまでの明るさを計測した。
健康などに関する質問にもこたえてもらい、その後の経過を2年間ほど追った。

期間中、寝室が「暗め」(平均0・4ルクス)だった710人のうち52人、「明るめ」(同12・4ルクス)だった153人のうち21人が、新たにうつ症状を発症した。
年齢や性別、世帯収入などが影響しないよう調整して分析すると、「明るめ」の人たちは「暗め」の人たちの約1・9倍、うつ症状を起こしやすかった。

【電気をつけて寝ている人はうつ病になりやすい!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
smartphone_man_komari
1: 2017/04/20(木) 09:26:41.23 ID:gii02KoT0● BE:163221131-PLT(34337) ポイント特典
 米国ピッツバーグ大学の論文によると、ソーシャルメディアに費やした時間が最も長いグループは、最も短いグループに比べ、2・7倍も鬱(うつ)病のリスクが高いという。

・多種類のSNSも要注意

さらに大切なこともわかった。時間よりもたくさんの種類にアクセスすることが、より鬱病リスクを高めることがわかった。フェイスブック、ユーチューブ、インスタグラム等たくさんの種類にアクセスすることが、より鬱病リスクを高めるという。
ソーシャルメディアを7種類以上使っている人は、2種類以下しか使っていない人に比べて、3・1倍も鬱病リスクが高いというのだ。スポーツファンは新聞を紙で読んでいる方がよいのだ。オールドスタイルの紙の本の方が健康リスクが少ない。

・鬱病のリスクが高い国

 日本には100万人の鬱病患者がいると言われている。鬱病でなくても、鬱傾向にある人は7人に1人いるのではないかという専門家もいる。職場に1人くらいは、物事をネガティブに考える人がいるという時代だ。これではチームが一丸とはなかなかならない。生産性も上がらないのだ。

 2030年までには、ソーシャルメディアの使い過ぎが、先進国の精神疾患の第1位になると予想されている。どうしたらいいのだろう。

・ユーモアを忘れるな

 日刊スポーツを紙媒体で読み、野球やサッカーに夢中になったり、たまには競輪をしてみたり、芸能情報に詳しい人になったりするのは、鬱対策になるように思う。

 一番は朝太陽に1回当たること。ダジャレでもいい。ユーモアを忘れないようにしよう。とにかく笑うことが大事。ソーシャルメディアに心まで支配されないように注意しよう。

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1807592.html

【【リア充アピール】SNSがうつ病リスクが高める理由】の続きを読む

このページのトップヘ