体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

事故

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/03/08(木)02:18:32 ID:FXl
yfgdde4

2: 2018/03/08(木)02:19:22 ID:FXl
助けて

【【車】保険無しで事故起こした結果【金額】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/09(金) 04:57:31.77 ID:cpmnKNOA0
高3の夏自転車でおばちゃんを跳ねて お互い運ばれた事故。 いくらこっち側が重傷でも未成年でもこれだけの請求があるので本当にみんな自転車気をつけて下さい。。

DBtbi1AVoAAdkhH

https://twitter.com/k_o0420/status/872391618011086848

【【治療費全額】自転車でババア轢いた結果】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/12/06(水) 20:59:31.16 ID:CAP_USER9
<湯たんぽ>「低温やけど」に注意 布団に入れて寝ないで 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000063-mai-soci
 
20171206-00000063-mai-000-view


湯たんぽによる低温やけどなどの事故が減らないとして、消費者庁は6日、製品ごとの加熱方法を守り、体に長時間触れさせないよう、改めて注意を呼び掛けた。
「就寝時は布団に入れたままにせず、温まったら取り出してほしい」としている。

消費者庁によると、湯たんぽに関する事故は今年10月までの約8年間に少なくとも363件寄せられ、うち240件がやけどを負っていた。
お湯を入れるタイプのほか、電子レンジや充電で加熱するタイプでも起き、備え付けカバーを使用しても、長時間触れると低温やけどのリスクがある。
特に子どもや高齢者は皮膚が薄いため壊死(えし)など重症化するケースも多い。

湯たんぽを布団に入れて寝る利用者は多いとみられるが、消費者庁は「心地よく感じる44度程度でも、3~4時間触れていると低温やけどになる。
従来の使い方を改めて見直してほしい」と話している。【曹美河】

【「湯たんぽを布団に入れて寝ないで」“低温やけど”などの事故減らず】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/25(木)22:48:54 ID:6vH
事故って俺の車おじゃん

慰謝料と保険料でで新しいの買える

4: 2016/08/25(木)22:50:56 ID:fqa
月いくらの保険でいくら貰えたの?

10: 2016/08/25(木)22:52:37 ID:6vH
>>4
100弱

【【保険】煽られたから急ブレーキ踏んだら【ドライブレコーダー 事故】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bike_koutsujiko
1: 2016/05/30(月) 21:05:36.80 ID:CAP_USER
【プレスリリース】『「危ない!」の瞬間,全てがスローモーションで見える』は正しかった! 強い感情が視覚の“時間精度” を上昇させることを世界で初めて確認 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/46637


千葉大学文学部認知心理学研究室の一川誠教授及び千葉大学文学部の卒業生の小林美沙は,画像観察で生じる感情反応や印象が視覚の時間精度(>>0�や感じられる時間の長さに及ぼす影響を調べました.その結果,危険を感じた瞬間に物事がスローモーションに見えるという現象が実際に生じることが確認されました.

※時間精度とは:短時間に処理できる能力


■研究の背景:感情が視覚の時間精度に及ぼす影響

交通事故の瞬間や高いところから落下する瞬間など,突発的に危険な状況に陥った時に,物事がスローモーションのように展開して見えた,その間の時間が長く感じられたという報告がしばしばなされます.

こうした体験に感情による視覚の時間的精度の上昇が関わっているのか調べた過去の研究では,感情と対応して視覚の時間精度が上昇することは確認されませんでした.


■研究の手法:画像観察を用いた実験

本研究では「①視覚の時間精度を測る実験」及び「②感じられる時間の長さを測る実験」により,画像観察で引き起こされた感情や印象の強度と①時間精度や②感じられる時間の長さとの関係を調べました.

実験では,様々な強度の感情反応や印象を引き起こす画像のデータベースから,危険や安全の印象を生じるカラー画像24枚を選びました.

16名の大学生(女性9名,男性7名)が実験に参加しました.

①視覚の時間精度を測る実験

各画像を1秒間提示した後,10〜60ミリ秒の範囲で画像をモノクロに切替え,モノクロ画像が見えるのに必要な最短時間を測定しました.その結果,危険を感じ,強い感情覚醒反応を引き起こす画像を見ると,短い時間でもモノクロ画像への切替えが気づかれました.これにより,危険な状況に陥ったときに,通常より早く視覚情報が処理される可能性があることがわかりました.

②感じられる時間の長さを測る実験

0.4〜1.6秒の範囲で各画像を提示し,1秒間の長さに感じられるのに必要な時間を測定しました.これにより,危険を感じさせる画像の見えている時間は実際より長く感じられることが確認されました.また,①の実験の結果との相関は認められませんでした.


■研究のまとめ

2つの実験の結果,危険な状況に陥った時に事態がスローモーションのように展開するように感じるということが証明されました.短い時間のうちに通常よりも早く情報を処理することができれば,的確に身をこなすことでケガの程度を軽くするなどして生存可能性を高めることになると考えられます.

本研究成果は,Japanese Psychological Research, Vol.58, No.3(日本心理学会の国際誌)で公開されます.(2016.7.1発行)

【事故にあった時、スローモーションになる事を研究で確認】の続きを読む

このページのトップヘ