wedding_couple

1: 2018/11/26(月) 11:18:43.92 ID:CAP_USER9
2018.11.25 キャリコネ編集部 ※ 今年10月
https://news.careerconnection.jp/?p=62956

婚約・結婚指輪の比較サイト「ufufu」を運営するデジタルアイデンティティは11月20 日、結婚までの交際人数などに関する調査結果を発表した。調査は今年10月に実施し、20代~60代の既婚男女1000人から回答を得た。

「結婚した相手が何番目に付き合った相手だったか」を聞くと「3人目」(21.9%)が最多で、「1人目」(14.6%)、「2人目」(16.1%)と合わせると、半数以上(52.6%)の人が3人目までに結婚に至っていることが明らかになった。

■ 「金銭感覚が合わない」「親と同居すべきではなかった」と結婚生活に不満を持つ声も

「現在の結婚生活に満足しているか」を聞くと、最も多かったのが「どちらかというと満足」(47.5%)で、「満足」(34.1%)を合わせると、81.6%もの人が満足していることがわかった。

交際人数別に満足度を比較すると、最も満足度が低いのは「1人目」の人で78.1%、最も高いのは「4人目」で88.5%だった。「満足」と答えた人からは、
「きちんと働いてくれて、ご飯もおいしいと食べてくれる」(女性、34歳)
「子ども達を含め、楽しく生活しているし、一人では経験できないことを家族と共に経験できている」(男性、41歳)
「お互いにお互いを必要として、敬意をもっている」(男性、64歳)
といったコメントが寄せられた。

一方、「不満」と答えた人からは、
「子どもが生まれてから主人の仕事が忙しくなり、なかなか夫婦としての時間が取れない。子どもと遊んで欲しい」(女性、28歳)
「金銭感覚や価値観が合わない」(男性、43歳)
「親と同居すべきではなかった」(女性、45歳)
といった意見が上がった。

■ 結婚相手と出会った場所、1位は「職場」、2位は「友人の紹介」
1121ufufu

配偶者と出会ったきっかけ

「結婚相手とどこで出会ったのか」を聞くと、全ての世代で「職場」が最多だった。特に60代以上男性と40~50代男性はそれぞれ37%が職場と回答。3人に1人以上が職場結婚だとわかった。次いで、「友人の紹介」は、男女問わず全ての世代で2番目にランクインした。

40代以上では「お見合い」で出会ったという人も多く、60代以上男性の19%、40~50代男性の4.5%、60代以上女性の9%、40~50代女性8%がお見合いと答えている。しかし20~30代の男女の上位5位に「お見合い」は入っていない。

若者の生活に大きな影響力を持つ「SNS」で出会う人も多く20~30代の女性の5位には「SNS」(8%)がランクインした。

また、60代以上女性の6%、60代以上男性のでも6%が「ナンパ」で結婚相手と出会っている。60代にとって、自身が若い時にディスコブームが起きたこともあり、ナンパで男女が出会うことについて抵抗がないのかもしれない。

「初恋の人との現在の関係」を聞くと、約7割が「関係はない」(68.3%)と回答した一方で、「結婚できた」と答えた人は10.2%いることがわかった。

【【調査】結婚するまでに付き合った人数は?出会いの場所は?】の続きを読む