体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

健康

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/10(金) 14:03:24.79 ID:CAP_USER
http://agora-web.jp/archives/2024688.html

ゆるい糖質制限をしていると、食生活が大きく変わります。和食はどうしてもご飯が無いと成り立たないので、焼肉やステーキといった食事が多くなります。

始める前と比べて、ご飯やパン、パスタ、ラーメンを食べる量が激減して、その分肉ばかり食べるようになりました。
野菜も意識して食べるようにしていますが、今までの栄養学では動物性たんぱく質の摂りすぎで、体には良くないとされる食生活です。

しかし、体に良い食事か悪い食事かというのは、時代と共にどんどん変わっていきます。
日本では栄養のバランスが取れた食事は、糖質60%、たんぱく質15%、脂質25%程度とされていました。
しかし今やこの比率が糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因とさえ言われるようになっています。
糖質制限の書籍を読むと、例えば糖質12%、たんぱく質32%、脂質56%といったまったく異なる比率が推奨されているのです。

今までは、健康診断で悪い数値が出ると、体に良い和食を中心にして野菜を食べるよう指導されました。
でもこれは、ご飯を中心とした糖質の多い食事と言うことになりますので、むしろ症状を悪化させるリスクがある。
逆に、バターや肉といった材料は、これまで体に良くないと言われていましたが、むしろこのような良質なたんぱく質、脂質源として積極的に摂取したほうが良いということになるのです。

今までの日本の医学や栄養学の健康になるための常識が覆され、今や健康を害する非常識に変わっている。
食事に関する知識や情報と言うのは、最新の研究データを知り、自分で何が正しいかを判断しなければならない時代になったと感じます。
医者が書いた糖質制限の本を読んでから、和食を食べることが少なくなり、
最近はステーキや焼肉など以前は不健康と思っていた食事が増えています。果たしてこのようなゆるい
糖質制限で薦められている食事が本当に体に良いのか。今までの常識とあまりに間逆なので、半信半疑な状態です。
体にとって何が良い食べ物なのかと言うのは、食材毎の単体で考えるべきではなくバランスの問題なのかもしれません。
ゆるい糖質制限をやりながら、医学のあるいは栄養学の専門家の意見も聞いてみたいと思います。

【【ゆるい糖質制限】和食をやめてステーキと焼肉を食べれば健康になる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
body_karada_yugami
1: 2016/12/12(月) 13:15:33.78 ID:t9+9tomw
なぜならば、猫背の方は顎を上げるように首を伸展させる姿勢になります。
何故なら、猫背のまま首を上に向けなかったら、下しか見えなくなります。

首を伸展させると、頭蓋骨と首の骨の境目が詰まるように折れ曲がります。
この折れ曲がりが自律神経に負担をかけるのです。

実は脳と脊髄は、脳脊髄液という液体で包まれています。
この脳脊髄液というのは循環をしているのですが、首が折れ曲がることにより、
脳脊髄液の循環が、首の折れ曲がったところで詰まりやすくなってしまうのです。

脳脊髄液は非常に重要なものなので、流れが詰まると脳の機能低下を起こしてしまうのです。

脳脊髄液の流れが悪くなる症状としては...

頭痛
頭が重い
目の奥が疲れる、または痛い、重い
忘れっぽくなる
考えることが出来なくなる

http://www.jiritunavi.com/kiji/nekozetojss.html

【【健康】 猫背は鬱病の原因になりうる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
oishii6_woman

1: 2016/06/10(金) 06:55:26.837 ID:NimPnoed0
食費掛かるし太るだけな気がする

2: 2016/06/10(金) 06:55:41.337 ID:iAF//4YB0
働いてる人にとってはね

4: 2016/06/10(金) 06:56:26.902 ID:NimPnoed0
>>2
じゃあほとんど家から出ない人は?

7: 2016/06/10(金) 06:57:14.321 ID:K6w3+V9Jp
>>4
1食

13: 2016/06/10(金) 06:59:14.874 ID:NimPnoed0
>>7
栄養的にやばそう健康考えると1食はキツそう

17: 2016/06/10(金) 07:00:42.448 ID:iAF//4YB0
>>4
1食でオケ

【【太る】人間って1日3食の方が健康にいいの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
itadakimasu_boy

1: 2016/06/09(木) 14:52:20.18 ID:lPct5GV50 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
高齢者の栄養失調やダイエットの弊害が問題になる中で、「1日1食が長寿の秘訣」といわれても、にわかに信じ難い。だが、実は「1日1食生活」を実践している有名人は少なくない。

「1日1食派」の代表格とされるタモリ(70)は、32年間にわたって司会を務めた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の番組内で 「オレ、1日1食しか食べない」と発言している。『とんねるずのみなさんのおかげでしたSP』(フジテレビ系・2014年3月27日放送分)では、『27時間テレビ』の間も「食べるとね、絶対にバテると思ったの」と、一切食事を取らなかったことを明かした。

ビートたけし(69)は、本誌の連載記事『ビートたけしの21世紀毒談』(2013年7月12日号)の中でこう語った。

〈オイラの本当のダイエット法? まァ強いていえば、「炭水化物制限」と「1日1食法」だな。朝起きたらまず、野菜ジュースをタップリ飲んで、その後は晩飯まで何も食わない〉

水谷豊(63)は『徹子の部屋』(テレビ朝日系・2014年4月25日放送分)で、

「僕は基本的に朝とお昼、食べないんですね。ですから、夜に賭けてますから夜になると野生に戻るんですね。食べたいほうだいね」

と話して黒柳徹子(82)を驚かせ、さらに千葉真一(77)も本誌の密着記事(6月3日号)で健康を維持するための秘訣として、「8年くらい前から食事は1日1食」と語っている。

http://www.news-postseven.com/archives/20160609_418474.html
http://parts.news-postseven.com/picture/2016/01/1603_tamori.jpg

【1日1食生活ってほんとに健康になるの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nesugosu_man

1: 2015/12/04(金) 22:53:07.98 ID:CAP_USER*.net
Business Journal 12月4日 18時1分配信

 11月18日、アメリカの学術誌「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」オンライン版に、「『習慣的な睡眠』を変化させると、心血管疾患や糖尿病などの長期的な健康問題を喚起する恐れがある」という研究結果が発表された。

 同研究では、米ピッツバーグ大学の研究グループが447人の健康な中年層を対象に7日間、健康状態と睡眠習慣や食生活を調査した。
その結果、いわゆる平日の睡眠スケジュールを休日も持続している被験者は1人もいなかったという。
被験者の約85%が休日は通常より遅くまで寝ており、平均44分間長く寝ていたようだ。

 そして、同研究によると、平日と休日の睡眠スケジュールの変化が大きければ大きいほど、代謝系の健康問題への影響が大きくなるという。
睡眠スケジュールの違いが、血中脂質の増加やBMI(肥満度)の上昇、HDLコレステロール(善玉コレステロール)の減少などと一致しており、この相関関係は、運動やカロリー摂取量、飲酒など、ほかの健康要因を調整した後も変わらなかったという。

 平日の睡眠不足を補うために、週末は長く眠る――。このような毎週の睡眠スケジュールの変化は、体内時計を狂わせることにつながり、健康問題を引き起こす恐れがある
、と同研究グループは推測している。

 睡眠時間の変化が健康に及ぼす悪影響について、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は以下のように語っている。

「昔から、健康の維持には『恒常性』が大切だといわれてきました。人間は、体内環境を一定に維持して初めて、健康が保てるようにできているということです。
そして、そのためには、環境や習慣、日々の生活リズムが一定でなければなりません。

 最近、この恒常性の大切さを示す研究が多く行われています。例えば、アメリカで行われた調査によれば、『寒冷地』に生まれ育った人が『暑い地域』に移住する、あるいはその逆の場合、健康寿命(介護などの必要がなく、健康的に日常生活を送れる状態)が少し短くなってしまうそうです。

 また、ドイツの調査では、夏と冬で時計の針を遅らせたり進めたりする、いわゆる『夏時間(daylight saving time)』を実施している地域で、心筋梗塞の発生率が少し高くなってい
ることもわかりました。また、睡眠障害も起こりやすくなるようです」

続きます

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151204-00010005-bjournal-soci

【【研究】「休日に寝だめ」は危険?寝不足のほうが健康的って本当?】の続きを読む

このページのトップヘ