体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

制限

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pose_necchuu_smartphone_woman

1: 2018/11/28(水) 14:48:19.52 ID:CAP_USER9
ペンシルベニア大学の研究者による新たな研究は、SNSの利用時間を1日30分に制限したことでメンタルヘルスが大きく改善したことを明らかにした。

特に、友人や高校時代の知り合いの写真を見る時間を減らすと、落ち込んだり、孤独を感じることを減らすことができた。

10月のJournal of Social and Clinical Psychologyに掲載された研究は、SNSの利用とメンタルヘルスの問題との因果関係を明らかにした研究としてはほぼ初めてのもの。

これまでの研究の多くは、両者の相関関係を言及するに留まっていた。調査では、143人の大学生が前期・後期の授業で行われた。

学生たちは、Facebook、Instagram、スナップチャットの利用を1日それぞれ10分、合わせて30分に制限されたグループと、今まで通りに使えるグループに分けられた。

3週間後、学生たちはメンタルヘルスの状態を調べるために、7つの領域にわたる質問に回答した。

7つとは、社会的支援、取り残されることへの恐怖感(FOMOとも呼ばれる)、孤独感、自律性と自己肯定感、不安、落ち込み、自尊心。「結論は明らか」と研究の責任者のメリッサ・ハント(Melissa Hunt)氏はScience Dailyに語った。

「SNS利用を減らすことで、落ち込みと孤独の双方が大きく改善した。効果は調査開始時に精神的に落ち込んでいた被験者に特に明らかだった」

どちらのグループも、社会的支援、自尊心、あるいは自律性と自己肯定感の改善は見られなかった。だが両グループとも、おそらく単にこの調査に参加したことだけで、自身が抱える不安やFOMOが減少した。

ただし、一般的にこうした調査はメンタルヘルスを左右する要因を個別に調査できないことは忘れてはならない。

[原文:A new study finds that cutting your time on social media to 30 minutes a day reduces your risk of depression and loneliness]

http://news.livedoor.com/article/detail/15651988/

【SNSを1日30分以内に制限するとメンタルヘルスが大幅に改善】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
text_genen
1: 2018/09/17(月)20:19:35 ID:HSz
体調めっちゃいいわやっぱ塩分って危険なんだな

2: 2018/09/17(月)20:20:51 ID:xoX
1日5g

3: 2018/09/17(月)20:21:14 ID:GUp
塩は体にいいんだぞ?高血圧とかか

【毎日の塩分摂取量を制限して結果】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
metabolic_woman

387: 2015/02/08(日) 00:28:22.88 ID:6tPiEkeP.net
昨日ダイエット中のたまのご褒美で制限をゆるめたのですが
食べてしまった罪悪感から嘔吐してしまいました
今日は付き合いで朝昼晩と外食せざるを得なくなり、結果かなり食べてしまい
夜に猛烈に吐きたくなり少しだけ嘔吐しました
とくに過激な過食からの嘔吐ではないんですが、これも病気ですか?

【【摂食障害 危険】昨日ダイエット中のたまのご褒美で制限をゆるめたのですが 食べてしまった罪悪感から嘔吐してしまいました】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
woman1_oishii
1: 2014/01/15(水) 16:50:08.03 ID:???0
ここ数年、話題になっているものに糖質制限ダイエットがある。
これに対し、ダイエットの王道は食べる量を減らすカロリー制限の方法だという説がある。後者は健康面も考慮した方法とされ、専門家はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防にも寄与すると話している。(大家俊夫)
               
◆健康面で安全 
 カロリー制限を推奨している医師の中に、日本肥満学会副理事長を務める新山手病院
(東京都東村山市)生活習慣病センター長の宮崎滋医師がいる。

 糖質制限ダイエットについて、「脂質とタンパク質だけを摂取してやせても、短期的な効果しか望めない。カロリーを適正量に制限し、そのうえで糖質を抑えるのがベストだ」と宮崎医師は強調する。

 米国で糖質を制限するアトキンスダイエットが流行し、その流れで日本でも糖質制限ダイエットが注目されるようになった。
三大栄養素は、脂質、タンパク質、糖質(炭水化物)で構成されており、宮崎医師は「糖質制限によって、人間にとって必要な栄養素の一つを極端に減らすのは栄養バランスを欠くことになる」と警告する。
一方、カロリー制限はそうしたリスクが少なく、健康面で安全性が高いといわれている。

成人が1日に取るべき適正なカロリー量は2千キロカロリー前後(個人差あり)とされるが、
普段取っている食物の総カロリー量、特に間食のカロリー量については無関心な人が多い。

ソース 産経新聞 カロリー制限が「王道」 肥満治療のエキスパート 宮崎医師提唱
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140114/bdy14011408310005-n3.htm
(続)

【【糖質制限は危険】カロリーを制限し、そのうえで糖質を抑えるのがベスト】の続きを読む

このページのトップヘ