体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

原因

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2: 2018/04/02(月)14:19:12 ID:a1O
口か?口元か?

1: 2018/04/02(月)14:18:50 ID:a1O
もう嫌や
ワイは23なんや
30とちゃう

3: 2018/04/02(月)14:19:43 ID:0sH
ハゲてるせいやろ

【老けて見られるのって何が原因?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nikibi_boy
1: 2018/02/22(木) 17:36:22.92 ID:52LAz15T0
なぜや

2: 2018/02/22(木) 17:36:44.69 ID:52LAz15T0
昨日お腹が痛かったのが関係してるんやろか

【急に肌荒れしたんだけど何が原因? 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/12/15(金) 09:31:06.05 ID:buWdhWXT0 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
腹筋を鍛える運動としてよく知られる「上体起こし」。一般的に「腹筋運動」と呼ばれるこの動作を何度も繰り返すことが、腰痛の原因になるとして、やめさせる動きが、バスケットボール界などで広がってきている。

日本バスケットボール協会では昨年から、指導者養成の場で上体起こしを「推奨できないトレーニング方法」として周知を進めている。全国を9地域に分けて選抜した小学生や指導者を集めた研修会や、年代別の日本代表の強化などで、専門のコーチが伝えている。

協会が参考にしたのが、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授の研究だ。ひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎(せきつい)が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果を発表した。何度も繰り
返すことで、背骨の間の椎間板(ついかんばん)を痛めるという。

一流選手に腰痛対策を指導してきた経験からも、「背骨の形状などによって個人差はあるが、力がかかった状態で腰を曲げ伸ばしするとヘルニアなどの障害が起きる。できるだけ背骨を摩耗しない方法で腹筋を鍛える方が腰痛のリスクは少ない」と話す。代わりに、腰は動かさずに腹筋を収縮させて胸部を曲
げる「カールアップ」などを推奨している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000008-asahi-spo

腹筋トレーニングの例
vwsdzvz


【「腹筋運動」は腰痛の原因?【正しいカールアップのやり方】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kintore_machine

1: 2018/01/15(月) 12:07:43.73 ID:Qsv1O7U1p
筋トレやらランニングやらの激しい運動をすると交感神経が優位になって筋肉への血流量が増加して一方で内臓への血流量が減少する
すると胃の消化機能が低下するため恒常性が働いて延髄の嘔吐中枢が働いて胃の入り口(噴門)が弛緩して胃の出口(幽門)が収縮して消化能力に対応した胃の内容量になるように胃の内容物を噴門から出そうとする運動が起こる
嘔吐中枢の反応が軽度なら吐き気程度で収まり、嘔吐中枢の反応が大きければ嘔吐する

【【激しい運動】筋トレしたら吐き気が起きる原因【正しい筋トレ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/05(金) 20:50:00.87 ID:CAP_USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKDW651YKDWOIPE019.html

歯周病が認知症の症状を悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)、名古屋市立大学などの研究グループが解明した。歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するという。

研究成果が、英専門誌の電子版に掲載された。認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えられている。

研究グループは、アルツハイマー病を発症するマウスに歯周病菌を感染させて、歯周病ではないアルツハイマー病のマウスの脳と比較した。5週間後、歯周病のマウスでは記憶をつかさどる海馬でアミロイドβの量が約1・4倍に増えていた。さらに、記憶学習能力を調べる実験でも、歯周病のマウスでは認知機能が低下していたという。

AS20180105004077_comm


【歯周病が原因で認知症が悪化する!?マウスで実験】の続きを読む

このページのトップヘ