体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

友達

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
bakanisuru
2: 2017/10/31(火)06:58:39 ID:Ehl
切実や

9: 2017/10/31(火)07:01:23 ID:0In
やーいお前の彼女でーべーそー

10: 2017/10/31(火)07:01:34 ID:Ehl
>>9
違うもん(´;ω;`)ブワッ

【【ブス彼女】友達がが彼女を馬鹿にしまくるのが辛い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_nakineiri_man

9: 2017/11/14(火) 07:09:20.10 ID:MknnSGX60
http://jp.vice.com/lifestyle/only-stupid-people-have-lots-of-friends
 
このような新たな研究結果を、英国の進化心理学者サトシ・カナザワ(Satoshi Kanazawa)とノーマン・リー(Norman Li)のふたりが、2016年に発表した。

彼らは、孤独な人間と知能の関連を探った。研究結果によると、多くの人々の幸福は、人口密度の減少と反比例して増加し(また、愛する人との高レベルの社会的交流の多さとも相関関係がある)、〈極めて知能が高い〉人間は、友人といっしょにいないときのほうが幸福だという。

「現在の学校教育では、高いIQをもつ子どもたちに褒賞を与える傾向にあるので、高いIQの子どもたちは、IQ以外の社会的、感情的、常識的知能を磨こう、という気が起きにくく、不幸な結果になるのでしょう」

きわめて知能の高い人が、深い仲の友人をそれほど求めないのは、彼らが特別なため、集団行動をすると周囲に足を引っ張られる可能性があるからだ。

たとえば、〈聡明な学生は、自分より頭の良くないクラスメイトといっしょに作業をするよりもひとりで作業をするのを好む〉という説には議論の余地がある、と博士。

しかし、「子どもでも大人でも、集団内でいちばん賢い人間が最終的な勝者となるわけではありません(※現在の米国大統領参照)。」

1: 2017/11/14(火) 07:05:34.20 ID:MknnSGX60
ソースはイギリスの研究

2: 2017/11/14(火) 07:06:00.98 ID:Qkn/e60M0
頭が良くても幸せかはわからん

【【友達ができない!】IQが低い人ほど友達が多い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_namida_koraeru_man

1: 2017/11/10(金)21:51:15 ID:KuG
A「(今や!)」チラッ!チラッ!
俺 「(わかっとるがな)スマンなワイちょっとウン◯してくるわ」
Bちゃん「一々言わんでいいっすよw」

10分後くらい
俺 「(そろそろええやろ…)ただいまやでー」
Bちゃん友達、両方号泣

なんとか話まとめた俺を誰か労って

【友達が告白するのを協力したら大変なことに巻きまこれた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
question_head_boy
1: 2017/09/11(月) 16:05:41.81 ID:N/cpf6sOx
発達障害友達「(((壊゚∀゚)))ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ」

発達障害俺「なんやこいつ…」

2: 2017/09/11(月) 16:06:21.32 ID:lD/UM4Haa
発達障害もレベルによってまちまち

【発障害で普通の友達ができないから同じ発達障害の子と友達になればいいと思ったら】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
woman_nayami

2: 2017/07/30(日) 08:54:41.07 ID:OHI3nQSf
高校から仲良しでお互いいい年になって彼氏いなくて、結婚なんてできないよ~なんて言い続けてた友達から昨日実は3ヶ月付き合ってる彼氏が居るって言われた

3: 2017/07/30(日) 08:55:24.32 ID:IqVIDLvw
友達の幸福を妬むスレですね。わかります。

【【妬み】友達に彼氏ができて辛い】の続きを読む

このページのトップヘ