体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

大学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_kiri_man

1: 2018/07/22(日) 06:41:58.973 ID:wvFEc60v0
30だがみんな年収700万以上だったわ
絶対盛ってるよな
都庁の公務員になった奴も700万貰ってるとか絶対嘘だろ

2: 2018/07/22(日) 06:42:19.743 ID:gp5HOGgS0
そらそうよ
マウント取られたら終わり

【大学の同窓会があったがみんな年収盛りまくってて馬鹿みたい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_shitauchi_man

1: 2018/05/24(木)16:32:06 ID:3G5
最近入ってきた俺の大学の後輩が生意気過ぎる
先輩にことあるごとにマウント取りたがるのが最高にうざい
マウントの内容も鉄道知識とかバンドリのプレイヤーレベルとかほんとくだんないし
鉄道興味ないワイに無理矢理鉄道の話するなや

【大学の後輩が生意気過ぎるんだが穏便になんとかできないか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
man_tehe

1: 2018/06/05(火)20:44:40 ID:zE4
よーく考えて
ワイみたいや奴に話しかけられても迷惑やろうやから
やっぱり辞めたわ
どうせ彼氏でも待ってるんやろうしな

【大学で好きな女が1人でごはん食べてたから話しかけようとした結果】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
unhappy_man4
1: 2018/06/03(日)09:55:16 ID:wHM
一理ある

4: 2018/06/03(日)09:56:08 ID:YWQ
これは真理、大学というグローバルな世界ですら彼女できない奴は自分から行動できないダンゴムシ人間

5: 2018/06/03(日)09:56:19 ID:wHM
陰キャとかいう言い訳はなしや
陰キャは陰キャ同士で付き合ってやることやっとる

【大学で彼女できないヤツってどこ行っても無理だろ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/06/07(木) 19:55:36.82 ID:CAP_USER9
2018年6月5日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180604-OYTET50045/

20180604-027-OYTEI50010-L
 
大学に入学する発達障害の学生を対象に開かれた「大学生活準備プログラム」(3月、大阪府豊中市の大阪大で)

就職活動に臨む発達障害のある大学生を支援しようと、大学が力を入れている。学生優位の「売り手市場」でも、就職につまずくケースが目立つためだ。社会福祉法人と連携して学生に自己分析と進路の選択を促すプログラムを実施したり、企業とともにインターンシップ(就業体験)を企画したりし、能力を生かせる就職につなげようと取り組む。

■ 自己分析指導やインターン…じっくり準備

兵庫県西宮市の関西学院大で5月中旬、発達障害のある学生3人が、自分の性格や行動をシートに書き込み、カウンセラーとともに分析した。2年生以上が対象の「プレキャリア教育支援プログラム」。3年生から本格化する就職活動に備え、自分を客観的に把握し、どんな仕事が向いているかを考えるのが狙いだ。

同大学では、発達障害の診断を受け、大学側に支援を求める学生は41人と、3年前の1・5倍に増えた。柔軟な判断が苦手な傾向があり、就活の面接で想定外の質問をされて一言も答えられないという事例もあった。就活での失敗を機に、大学に来なくなる学生もいるという。

このため、同大学は障害者の就労を支援する社会福祉法人と協力し、3年生以上を対象にしたキャリア教育支援プログラムを2015年度に導入。16年度には2年生以上向けのプログラムも始めた。今年度から同法人の専門職員が週3日、学内で学生の相談に応じている。今春卒業した5人のうち4人が就職、今年も6人が就活中だ。

大学図書館で図書整理などの仕事をするインターンシップを今月予定しており、先月28日、障害学生の支援を担当する臨床心理士の西岡 崇弘たかひろ さん(31)らが進め方を協議。西岡さんは「職場でどんな配慮があればどんな強みを発揮できるのか、自分で伝えられる力をつけてほしい。それが就職の第一歩になる」と話す。

■ 就職活動以前に大学生活でつまずく学生も…入学前から支援

就職活動以前に大学生活でつまずく学生も少なくないため、早めに支援を始める大学もある。大阪大は3月、入学前の3日間で高校との違いを学ぶ「大学生活準備プログラム」を初めて企画。阪大を含む7大学の入学予定者計10人が、グループ討議の模擬授業を受けた。

参加した男子学生(19)は入学後、複雑な履修登録に戸惑った。大学に相談すると、所属学部の担当教員に指導してもらえた。人間関係を築くことが苦手だが、「事前に体験したおかげで、グループワークもこなせている。軌道に乗ってきた」と言い、将来、研究職を目指すという。

阪大は、民間企業などで1週間程度のインターンシップも企画。終了後、学生と大学、企業の3者で課題を話し合う。受け入れ企業に就職するケースもある。

■ 働きやすい職場かどうか…担当教員が確認

就職後に目配りする大学も。発達障害の学生が働きやすい職場か確認するため、関西大では支援担当教員らが求人企業の一部に足を運ぶ。富山大は学生が就職した後も原則3年間、相談に乗る。 桶谷文哲おけたにふみのり ・学生支援センター特命講師は「就職先が決まればいいのではなく、続けられるかどうかが重要だ」と語る。

>>2以降へ続く

【【大学が就活支援】発達障害の大学生が5年で3倍】の続きを読む

このページのトップヘ