体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

男性

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryouri_man

1: 2018/11/13(火) 11:03:57.56 ID:sU/9XK1C0 BE:837857943-PLT(16930)
進む「料理男子化」、週3回以上、料理を作る男性は、4人に1人だった。

「男子」と銘打った料理本や料理雑誌が相次いで創刊される中、婚活支援サービス会社が、20歳から59歳の男女2,090人に対して行った、
料理をする男性についての調査。

普段、料理をするかどうか聞いたところ、「週3日以上料理をする」と答えた男性は23.6%。

女性の72.1%に比べると少ないものの、男性のおよそ4人に1人が週3日以上料理をしていると回答した。

また、「お弁当を作ることはありますか?」という質問に、「週1日以上お弁当を作る」と答えた男性は15.7%で、男性のおよそ
6人に1人が「お弁当男子」という結果に。

年齢別では、20歳から29歳の男性が23.8%と最も多く、若い人ほど、仕事の合間を縫ってお弁当を作っていることが浮かび上がった。

自分で料理をする理由については、「自分好みの料理が食べたいから」、「節約のために」、「健康のために」という回答が多くなった。

こうした料理男子に、女性はどんな印象を持っているのか。

調査では、「好ましい」が81.8%、「かっこいい」が72.9%と、料理男子に好印象を抱いているという結果になった。

https://news.goo.ne.jp/article/fnn/life/fnn-00405351CX.html

【男性の4人に1人「週3日以上料理」若い人ほど高い傾向】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1-16
1: 2018/07/13(金) 17:01:37.35 ID:bQixCTHJ0● BE:324064431-2BP(2000)
吉岡里帆 ムキムキな男性は恋愛対象ならず「“父性”を感じます」

女優の吉岡里帆(25)が13日、大阪市内で、主演を務めるフジテレビ系の連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜後9・00、17日スタート)のトークイベントを開いた。

吉岡演じる新人ケースワーカーが生活保護の現場を舞台に、新人公務員として奮闘するストーリー。
京都出身なこともあり、「ただいま!」とあいさつし、集まった地元・関西のファン200人を前に笑顔を振りまいた。

タイトルに合わせ、どんな健康で文化的な生活を送っているかが話題に。
自身は植物を育てるのが趣味だと明かす一方、筋トレが好きな共演の田中圭(34)の映像がスクリーンに映し出されると目をキラキラさせながら「無茶苦茶鍛えてますね。実は父親がムキムキな人なんです」と明かした。

ただ「だからムキムキな男性を見ると“父性”を感じます」と、恋愛対象の条件にはならないと告白。
では、好みの男性は?に「ヒョロヒョロな人は頼りないけど…。ほどよく健康であればいいです」と話し、客席の男性陣を安心させていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000107-spnannex-ent

【吉岡里帆「筋肉ムキムキな男性は恋愛対象外」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
medical_otoshiyori_kagamu_man

1: 2018/02/19(月) 05:33:14.13 ID:UURhmfOxr
こりゃ男性看護師目指すしかなくね?

【男性看護師なら就職率100%らしい…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
unhappy_man4
1: 2018/02/24(土) 09:34:00.09 0
①安定とは程遠い生活
②休日も不安定
③精神的にも不安定
④社会的信用が無い!
⑤手伝わされる可能性あり
⑥保険や控除などの問題
⑦専門知識が必要になるかも?
⑧事業に失敗したら地獄
⑨病気などのリスク

自営業にもメリットがあるはずだ?
そうですねぇ…では少しだけ書いておきましょう

・成功すれば爆発的な収入を得られる可能性もある
・時間的はある程度自由に使うことも可能(成功していれば)
・失敗さえしなければリストラや定年退職が無い。
・子供が出来た場合、事業を継がせることも可能

このあたりでしょうか。

自営業との結婚、以上の理由から絶対におすすめしません。
必ず苦労します。後悔します。
自営業の方々には申し訳ないですが、これが現実です。
私自身も自営業なのでよく分かります。

自営業者の私がはっきり言います。
「自営業との結婚は止めたほうがいい。絶対に」

以上です!

【自営業の男性と結婚は絶対に止めるべき9の理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
daigakusei_man

1: 2017/12/04(月) 16:30:46.53 ID:CAP_USER9
物忘れが激しかったり、人とのコミュニケーションが苦手だったりする発達障害がある人には、就労に困難を抱えている人が少なくない。
だが、特性を把握して工夫すれば、仕事をスムーズに進めることができる。
東京都小金井市の会社員高梨健太郎さん(40)は、パソコンで仕事の流れを詳細に把握するツールを自作。
業務を“見える化”することで自身の不安をなくし、やりがいを感じながら働いている。
(花井康子)

高梨さんは十年前、注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断された。忘れやすく段取りが苦手。業務が増えると何から手を付けていいか分からず不安感が高まり、頭が真っ白になった。簡単な仕事もこなせず落ち込み、「忘れたらどうしよう」と眠れなくなった。精神疾患を抱え、休職や退職を繰り返した。

三年前、エアコンの室外機を置く台などのメーカーに勤めたのを機に、発達障害を自分の特性として受け入れ、会社や周囲にも伝えた。「忘れるなら全部書けばいい」と、パソコンの表計算ソフトでスケジュールや必要な作業などを管理するツールを自作し、表にして把握するようにした。

仕事の目的、完了までの必要な具体的作業、各業務の着手日と締め切りなど一つ一つ、手順まで細かく記入。「○○さんにメールを送る」「受信する」なども細かく書き入れた。

業務完了の責任が自分にある場合は「当方」、相手の場合は「先方」と記す。総タスク(やるべきこと)数、完了数、未完数、責任の数などが自動的に算出される仕組みで、未完の業務には自動的に丸印が付く。
【【発達障害】業務を“見える化”することで、不安をなくす】の続きを読む

このページのトップヘ