mokuhyou_tassei_man

イミダゾールジペプチド

イミダゾール基を含むアミノ酸が結合したペプチドであり、代表的な成分としてカルノシンアンセリンバレニンが知られている。

特に鳥類の胸肉マグロカツオ等の肉に多く含有されている。

特に渡り鳥の羽を動かすための筋肉や、時には時速100㎞もの速度で泳ぎ、また常に泳ぎ回る必要があるマグロの尾びれ部分などには多量に含有される。


3: 2017/03/14(火) 21:13:21.23 ID:F7mXz6fQ
疲労対策でジャローのカルノシン飲んでるけどダメなんか?
飲んでない時に比べて夕方疲れなくなってるけど

【【疲労対策】イミダゾールペプチドが効くぞ!【鶏肉 L-カルノシン】】の続きを読む