体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

症状

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nebusoku_tetsuya_ake_man_smile

1: 2018/06/14(木)18:05:30 ID:B0I
今までの失敗を全て納得させられた

2: 2018/06/14(木)18:06:40 ID:B0I
もしかして今の現代ではそんな珍しい病気ではないんか

3: 2018/06/14(木)18:07:48 ID:r6t
ナルコは怖いわ

4: 2018/06/14(木)18:08:02 ID:B0I
>>3
やっぱ怖いもんか

【【症状】ナルコレプシーと診断された】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
body_man

1: 2018/05/11(金)23:41:07 ID:D4E
何か質問ある?
よく分からん病気です

2: 2018/05/11(金)23:41:43 ID:UVE
大変だね
かなりつらいらしいよね

3: 2018/05/11(金)23:43:05 ID:D4E
>>2
何が辛いって、全く認知度なくて理解されないことだね
精神病と同じくずっと痛いですって言えばこの病名つくのも問題

線維筋痛症
原因は不明であり、医師が通常行なう血液検査では異常が現れない[2]。CTスキャン、MRIを検査しても異常を発見できない。また、この病気が診断できる特別な検査は2015年時点で存在しない。診断が非常に困難な症例が多いが、圧痛点による簡易的な見分け方が知られる。

主要症状

全身の慢性疼痛と解剖学的に明確な部位の圧痛。

随伴症状
身体症状
38℃以下の微熱、疲労感、倦怠感、手指のこわばり、手指の腫脹、関節痛、レイノー現象、寝汗、過敏性腸症候群、動悸、乾燥症状、呼吸困難、嚥下障害、間質性膀胱炎様症状、生理不順、月経困難症、体重変動、光線過敏症、寒暖不耐症、顎関節症、低血圧、各種アレルギー症状、僧帽弁逸脱症など、
神経症状
四肢のしびれ、手指のふるえ、めまい、耳鳴り、難聴、視力障害
精神症状
抑うつ症状、不安感、焦燥感、睡眠障害(過眠、不眠)、集中力低下、注意力低下、健忘、起床時の不快感

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E7%AD%8B%E7%9B%E7%87

【【奇病】繊維筋痛症を発症してから5年目【症状】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
yase04_ojisan

1: 2018/04/14(土) 11:20:40.62 ID:T5Xeso+R0
痩せてたら糖尿じゃないよな?

3: 2018/04/14(土) 11:21:06.49 ID:TeLVFrjsM
痩せててもなる
ソースはカラテカ矢部

5: 2018/04/14(土) 11:21:47.47 ID:SgBtT7Qe0
足切断ですねー

【糖尿病の症状が全部当てはまるけど痩せてるから違うよな?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
virus_seki

1: 2018/03/14(水)21:52:23 ID:tYm
どんな感じなんや?
直ぐに治したるって言ったらいくらまで払えるんや?
もしくは逆にいくら貰えば感染してもええかって思えるんや?

【【症状】ノロウィルスってどのくらいきつい?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
smartphone_girl_walk
1: 2018/03/22(木) 07:06:57.14 ID:U6gbLqVi0 BE:837857943-PLT(16930)
あなたはちょっとした時間にスマホを見ることが当たり前になっていませんか?

ニュースなどの情報収集のほか、SNSにメールにゲーム、読書もできるため、「一日中スマホばかり触っている」という人も多いかもしれませんね。

しかし、最近では、スマホの使いすぎによって「スマホ認知症」と呼ばれる人が増加し、問題となっているようなのです。

20代・30代でも物忘れが増える

「スマホ認知症」は、スマホやパソコンなどを使いすぎることで、判断力や集中力が低下するなど、脳の機能を低下させてしまう状態のことを指す言葉です。

これは、「もの忘れ外来」を開き、『その「もの忘れ」はスマホ認知症だった』などの著書がある脳神経外科医の奥村歩氏が命名しました。

奥村医師によると、近年、判断能力や記憶能力が低下したという症状を訴えて来院する若い世代の患者が増えており、 患者全体の約3割が20代から40代とのことです。

この世代の患者は共通して、スマホやパソコンなどの端末を肌身離さず使っているところがあり、検査をしてみると、 脳の思考や運動をつかさどる部分が「過労状態」になってしまっているそうです。

http://www.toushin-1.jp/articles/-/5519

【【スマホ認知症 症状】トイレにスマホを持ち込むやつは手遅れ 】の続きを読む

このページのトップヘ