体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

発症

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
body_man

1: 2018/05/11(金)23:41:07 ID:D4E
何か質問ある?
よく分からん病気です

2: 2018/05/11(金)23:41:43 ID:UVE
大変だね
かなりつらいらしいよね

3: 2018/05/11(金)23:43:05 ID:D4E
>>2
何が辛いって、全く認知度なくて理解されないことだね
精神病と同じくずっと痛いですって言えばこの病名つくのも問題

線維筋痛症
原因は不明であり、医師が通常行なう血液検査では異常が現れない[2]。CTスキャン、MRIを検査しても異常を発見できない。また、この病気が診断できる特別な検査は2015年時点で存在しない。診断が非常に困難な症例が多いが、圧痛点による簡易的な見分け方が知られる。

主要症状

全身の慢性疼痛と解剖学的に明確な部位の圧痛。

随伴症状
身体症状
38℃以下の微熱、疲労感、倦怠感、手指のこわばり、手指の腫脹、関節痛、レイノー現象、寝汗、過敏性腸症候群、動悸、乾燥症状、呼吸困難、嚥下障害、間質性膀胱炎様症状、生理不順、月経困難症、体重変動、光線過敏症、寒暖不耐症、顎関節症、低血圧、各種アレルギー症状、僧帽弁逸脱症など、
神経症状
四肢のしびれ、手指のふるえ、めまい、耳鳴り、難聴、視力障害
精神症状
抑うつ症状、不安感、焦燥感、睡眠障害(過眠、不眠)、集中力低下、注意力低下、健忘、起床時の不快感

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E7%AD%8B%E7%9B%E7%87

【【奇病】繊維筋痛症を発症してから5年目【症状】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sick_hiyaase

1: 2017/10/10(火) 13:57:31.487 ID:7UfPeb8K01010
何か質問ある?

2: 2017/10/10(火) 13:57:48.969 ID:RCits2QsM1010
発作は何時間おき?

6: 2017/10/10(火) 13:59:45.557 ID:7UfPeb8K01010
>>2
日によるけど 朝だったり寝てる時だったり


【【痛み】群発頭痛が発症したんだけど 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pose_unzari_man
1: 2017/08/05(土) 18:13:11.79 ID:mXfRH5qRr
どうしたら治る

2: 2017/08/05(土) 18:13:28.28 ID:mXfRH5qRr
はあ

4: 2017/08/05(土) 18:13:41.73 ID:6mrzdGbI0
仕事は辞めた?休職?

6: 2017/08/05(土) 18:13:58.43 ID:mXfRH5qRr
>>4
学校ドロップアウトして将来が不安なんや

【鬱病が発症して数日なんだが、この吐き気も鬱症状なのか??】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/19(木) 15:02:15.83 ID:CAP_USER*
注意欠陥多動性障害、成人期に発症も 研究
AFP=時事 5月19日(木)12時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000017-jij_afp-int

【AFP=時事】注意欠陥多動性障害(ADHD)は、子どもに影響する障害と広く考えられているが、一部の患者は、大人になってから初めてADHDを発症する可能性もあるとの研究結果が18日、発表された。

米国医師会(AMA)の精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー(JAMA Psychiatry)」に発表された、英国とブラジルのそれぞれの研究チームによる独立した2件の研究論文によると、子どもの時にADHDと診断されなかった
にもかかわらず、若年成人になって初めてADHDと診断されるケースが多いため、遅発型のADHD自体が独自の疾患である可能性があることが示唆されるという。

成人がADHDと診断される場合、注意欠如、活動過剰、衝動的行動などの症状が、子どもでみられるよりも重くなることが多く、交通事故や犯罪行動などの増加を伴う傾向がみられると、研究チームは指摘している。
ADHDは、成人の約4%でみられると考えられている。

ADHDは、12歳未満の子どもに、通常の活動や発達に支障を来す不注意または衝動的な行動が6種類以上、6か月連続でみられる場合に診断すると定義されている。

英ロンドン大学キングスカレッジ(King's College London)などの研究チームが、2000組以上の双子を対象に実施した調査では、合計166人が成人期ADHDと診断されたが、その内の68%は「小児期にはどの検査でもADHDの基準を満たしていなかった」ことが分かった。

この調査では、5歳、7歳、10歳、12歳でそれぞれ収集した母親と教師からの報告に基づいて、子ども時代のADHDを判定した。

調査の時点で18~19歳の成人では、自身の症状や行動について被験者と話し合う面談を基に診断を下した。

調査の結果、成人では、子ども時代から続く「持続性のADHDは少数派」であることを研究チームは発見した。

恐らく、小児期発症型と遅発型の成人期ADHDは、それぞれ異なる原因で発症すると思われ、このことは「ADHDの遺伝子的な研究や治療に示唆を与える」と、研究論文は説明している。

以下はソース元で。

【【ADHD】注意欠陥多動性障害は大人になって発症することもあることが判明】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kinchou_man

1: 2014/12/04(木) 06:13:41.44 ID:cHqxURQx0.net
暗所恐怖症
隙間恐怖症
日光恐怖症

【【種類】おまえらが発症してる恐怖症【閉所 対人】】の続きを読む

このページのトップヘ