体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

社員

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kaisya_syanai_renai
1: 2017/11/23(木)19:02:19 ID:U5z
ワイのせいかしらんけど今週会社来てないわ

2: 2017/11/23(木)19:02:46 ID:1sf
イッチは男?

4: 2017/11/23(木)19:04:02 ID:U5z
>>2
せや
ワイ男(27)
社員さん女(33)

【派遣社員の男なんだけど派遣先のやさしい社員の女をフッてしまった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sick_wakiga
1: 2017/06/29(木)18:45:44 ID:2pw
どないしたらえんや?
仕事も出来る奴なんやが、
他の社員や女性陣から臭いから
どうにかしろってここ最近特に言われるんや

【ワキガの社員を傷つけずに臭いのを伝える方法】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kaisya_man_bad
1: 2017/01/08(日) 14:06:17.20 ID:jfaDdss50 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が、
復帰後に再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、
厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめた。
特に復帰後2年間は、再取得する人が多かった。

http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c

【【調査】うつ病で病気休暇を取った社員の約半数が、 復帰しても病気休暇を再取得する】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
question_head_boy
1: 2016/12/11(日)13:32:38 ID:rwl
バイトの面接いったら「バイトじゃなくて社員ではいりませんか?」って言われたんだけど
バイトじゃなくて社員で雇うメリットって会社にあるの?なんかブラックっぽいから怖いんだけど

2: 2016/12/11(日)13:33:16 ID:fFq
年内に人増やしたいんじゃね

3: 2016/12/11(日)13:33:49 ID:IlD
そんなに勘ぐらなくても大丈夫大丈夫大丈夫

【【ニート】バイトの面接行ったら、急に社員を薦められたんだけど、この会社やばい?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/03/10(木) 11:54:28.06 ID:8MgD3a+L0.net BE:257790734-2BP(1000)
グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ
プロジェクト・アリストテレスの全貌

人員分析部では、これらの観察結果を図式化して、そこから業務目標を上回るチームに共通するパターンを見出そうとした。
しかしパターン抽出が得意なはずのグーグルなのに、自らの社員の労働分析からは、目立ったパターンを見出すことができなかったという。

たとえば同じく生産性の高いチームなのに、片方は「社外でも仲良く付き合う友達同士」のような関係であり、もう片方は「まともに会話するのは会議室の中だけで、そこを出ればアカの他人」というような関係であった。
また、あるチームでは、強いリーダーのもとに階層的な人間関係を築いていたのに対し、別のチームではもっとフラットな人間関係を敷いていた。
それでも両者の生産性に、ほとんど違いは見られなかったという。

結局、上のような「チーム編成の在り方」と「労働生産性」の間には、ほとんど相関性がないのではないか――そう考えたグーグルの人員分析部は、今度はチームのメンバーが従っている「規範(norm)」にこそ生産性のポイントがあるのではないかと考え、そこを洗い出すことにした。
ここで規範とは、チーム内で共有する「暗黙のルール」や「行動規準」、あるいは「チーム・カルチャー」のようなものを指す。
しかし、この点でも目立ったパターンは抽出されなかった。

たとえば、あるチームでは、会議中にリーダーがチームメイト全員に等しく発言する時間を与え、それを別のチームメイトが途中で遮ることを許さなかったのに対し、別のチームでは互いに発言の途中で割って入るのが常態化していた。
また、あるチームでは仕事時間中に雑談したり、他人の噂話をしたり、週末のプランを話すなど私的なコミュニケーションが交わされていたが、別のチームでは「オフィス内では仕事に専念し、私語は厳禁」といった雰囲気が形成されていた。

このように目立ったパターンが見出せずに困り果てたグーグルの人員分析部では、集団心理学に関する学術論文など、アカデミックな調査結果を再度深く当たってみることにした(同プロジェクトの初期段階では、それから始めていた)。

そして、そこから浮かび上がってきたのは「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素の重要性だった。
つまり成功するグループ(チーム)では、これらの点が非常に上手くいっているというのだ。
たとえば一つのチーム内で誰か一人だけ喋りまくって、他のチームメイトがほとんど黙り込んでいるチームは失敗する。
逆に(途中で遮られるかどうかは別にして)チームメイト全員がほぼ同じ時間だけ発言するチームは成功するという。

それは暗黙のルールとして、そのような決まりを押し付けるのではなく、むしろ、自然にそうなるような雰囲気が、チーム内で醸成されることが重要なのだという。
つまり「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、
あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった不安を、チームのメンバーから払拭する。
心理学の専門用語では「心理的安全性(psychological safety)」と呼ばれる安らかな雰囲気をチーム内に育めるかどうかが、成功の鍵なのだという。

(続く)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137

【【マネージメント】Googleが見つけた「社員の生産性を向上させる唯一の方法」】の続きを読む

このページのトップヘ