体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
body_nou_bad
1: 2018/09/07(金) 16:47:17.77 ID://T/0o/m0 BE:324419808-2BP(2000)
「シャー」という音色を持つノイズ音「ホワイトノイズ」は、集中力のアップや睡眠誘導の効果があるとされていますが、最新の研究によるとホワイトノイズの聴きすぎは脳に良からぬ影響を与える可能性が指摘されています

Unintended Consequences of White Noise Therapy for Tinnitus—Otolaryngology's Cobra Effect: A Review | Otolaryngology | JAMA Otolaryngology–Head & Neck Surgery | JAMA Network
https://jamanetwork.com/journals/jamaotolaryngology/article-abstract/2697852

Listening to White Noise Might Affect Your Brain in a Weird Way, Study Suggests
https://www.sciencealert.com/white-noise-doing-something-bad-to-brain-study-suggests-tinnitus-hearing-loss-plasticity-neural

ホワイトノイズとは、人間の耳に聞こえる可聴域の全ての周波数が均等な強度となるノイズです。
特定の周波数が飛び出ていないためにピアノやギターのような「音色」らしい音色を持たない音で、特に水のせせらぎなどがホワイトノイズに近い特性を持っているといわれることもあります。

このホワイトノイズには集中力を高める効果がある、と考えられ始めたのは1960年代のこと。
それ以来、脳科学者はホワイトノイズが人間の心理や脳に与える影響について研究を進めてきましたが、アイオワ大学の博士課程学生だったMouna Attarha氏は、ホワイトノイズを聴きすぎると脳の内部構造が変化するという研究結果を発表してホワイトノイズには「ダークサイド」が存在することを明らかにしました。
(以下略)

「耳鳴り軽減」や「集中力アップ」に効果があるといわれるホワイトノイズは聞き続けると脳に悪影響が出る可能性あり - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180907-white-noise-change-brain/

【集中力のアップのホワイトノイズを聞き続けると、脳に悪影響が出るらしい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/02/12(月) 18:50:40.51 ID:CHBP68fH0● BE:601381941-PLT(13121)
脳科学者「走ると記憶が整理されていく」

■茂木健一郎「僕が毎日10㎞走っている理由」

以前から走るのが趣味の私であるが、今年になってから、思い立って距離を伸ばすことにした。

基本的に毎日10キロ走っている。準備などを含めて、どうしても1時間はかかってしまう。それでも、1000回走るまでは続けようと思って、ほぼ毎日、可能な限り走り続けている。

畏れ多いことであるが、最も厳しい修行として知られている「千日回峰行」にインスパイアされたのである。とても比較にはならないが、自分の中では、「千日回走行」と名付けて取り組んでいる。

走ることには、身体のコンディションが整ったり、より健康になったりといったメリットがある。さらに、走っている間に、脳がアイドリングして、特別な回路が活性化し、さまざまな記憶が整理されたり、ストレスが解消されたりといった効果もある。

このような「ご利益」は、短い距離でも、あるいは歩いても得ることができるから、ぜひ試してほしい。例えば、仕事に行くときにひと駅前で降りて歩くというのでもいいのである。

ところで、走る距離を10キロに伸ばすことは、それなりに勇気のいる「決断」であった。何しろ、毎日それだけの時間をとられるのである。走らなければできたかもしれないことができないという「機会費用」も生じる。

一方で、10キロ走ることにしたからこそ見えてきたこともあった。

■走っている間に脳がアイドリングして回路活性

一番の気づきは、1時間という「予算」の効用に関することだった。

10キロ走ると、それだけ広いエリアをカバーできる。今まで走ったことがない通り、行ったことのない場所を経由することができる。

すると、思わぬ発見や、気付きがあった。「セレンディピティ」(偶然の幸運)にもたくさん出合った。普段住んでいるエリアだけでなく、旅先でも10キロ走ることで、さまざまな出合いがあった。

走る距離を2倍、3倍にすると、出合いや発見も2倍、3倍になる。つまり、走る時間という「予算」を十分に確保することで、自分の成長がより深く、広いものになる。

(略)

私は、これからも、10キロのランニングという「予算」を確保し続けようと思う。その中でどんなセレンディピティがあるか、今から楽しみである。

(脳科学者 茂木 健一郎)
http://news.livedoor.com/article/detail/14289672/

【脳科学者・茂木健一郎「1日10キロ走ると脳が活性化する!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
body_nou

1: 2017/12/30(土) 23:44:09.60 ID:CAP_USER9
ヒトの脳にインプラントを埋め込んで記憶力を向上させる実験がついに成功

米国南カリフォルニア大学の神経工学の専門家であるセオドア・バーガー博士(写真下)率いる研究チームは脳へ埋め込むインプラント(※体内に埋め込む器具のこと)の研究、開発を行っています。

これまでも研究チームはマウスやサルにインプラントを埋め込む実験を行い、記憶力を向上させる効果を確認してきましたが、今回は遂に人間の脳で実験が実施されました。

まず、20人の被験者の脳にインプラントを埋め込みました。

1回目のセッションで被験者にイメージを見せた後、75秒後にイメージを覚えているかどうか記憶テストを実施。

2回目のセッションではインプラントに電流を流し、上記と同様の記憶テストを行いました。

その結果、インプラントに電流を流した2回目のセッションの記憶テストにおいて被験者の記憶力が30%ほど向上していることが確認されました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

GetNavi web
http://news.livedoor.com/article/detail/14098022/

【ヒトの脳にインプラントを埋め込み記憶力を向上【米研究チーム】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
broccoli
1: 2017/12/23(土)03:50:11 ID:hA1
身体にいいなら美味しいと感じるはずだが

2: 2017/12/23(土)03:50:47 ID:wCG
腹一杯食うと病気になるのと同じ話だと思うの

3: 2017/12/23(土)03:55:23 ID:crB
不味いと認識しないので良く分かりませんね

4: 2017/12/23(土)04:11:09 ID:gQ6
そりゃ野菜も害虫に喰われないように毒だしてるからなあ

【【脳と健康】野菜は体にいいのに、なぜ脳は野菜を不味いと認識するのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
body_nou_bad
1: 2017/11/06(月) 15:44:57.875 ID:VojeeGkKr
ストレスで脳ミソ萎縮してるらしい
大災害にあったり大事な人を亡くした人間が受けたレベルの負荷だそう
何か思い当たる経験あるか?言われた

確かに不細工は大災害だし彼女いない歴年齢は実質大切な人を無くしてるに等しいわけだから妥当か(`・ω´・ ;)

【【原因】明らかに物覚えが悪くなったから医者行ったら脳が萎縮してた。。】の続きを読む

このページのトップヘ