体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

金額

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/03/08(木)02:18:32 ID:FXl
yfgdde4

2: 2018/03/08(木)02:19:22 ID:FXl
助けて

【【車】保険無しで事故起こした結果【金額】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
jfghds

1: 2018/02/19(月) 01:01:52.90 ID:ZPqEx5TV0
DWVGHkWU8AIMahD

3500万円

うそやん
もうっと設けたやろ

2: 2018/02/19(月) 01:02:17.76 ID:FdkGVwVe0
もっといってるはずや

3: 2018/02/19(月) 01:02:39.88 ID:RoNh2mxtr
ひかえめ

【たむけんが仮想通貨で稼いだ金額】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
boy_think
1: 2017/07/10(月) 23:42:12.36 ID:Ke7UFo+a
一月にたった3000円……もちろんもらえること自体はすごく感謝してるけど
子供じゃないんだから正直やっぱりもっと欲しいと思ってしまう

2: 2017/07/10(月) 23:43:43.83 ID:zMl+NFdK
子供じゃないなら今いくつ?

4: 2017/07/10(月) 23:45:04.12 ID:Ke7UFo+a
>>2
21歳

【姉ちゃんが俺にくれる小遣いの金額】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pose_unzari_man
1: 2016/06/01(水) 20:43:17.64 ID:jKMymuAI
もしかして奢るの迷惑だったのだろうか
借りとか作りたくないタイプなのかな

2: 2016/06/01(水) 20:44:11.26 ID:qKzvqE7q
なんぼ振り込まれてたん?

4: 2016/06/01(水) 20:45:50.05 ID:jKMymuAI
>>2
9万円
俺はいくら奢ったか覚えてないけど、彼女は律儀に計算してたらしい

【彼女に今まで奢っていた分の金額を振り込まれた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
syougatsu2_otoshidama

1: 2015/12/27(日) 17:37:40.34 ID:b9wr5uD90.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
お正月に親戚が集まるとなると、そこにいる子どもたちへのお年玉やお土産を何にしようかと
皆さん頭を悩ますのでは? そもそもとしてお年玉の金額は、何を基準に決めればいいのだろうか。
気になる。そこでマナー講師の飯田祥子さんに、お年玉のルーツから渡し方、金額など気になるすべてを聞いてみることにした。

■お年玉の金額感とルーツ


「金額を決める前に、お年玉は単にお金を渡すということではなく、
その子どもの1年が実りのあるものになるよう願う風習ということを忘れないでください。
その動機となるようなものを目安に金額を考えるのが理想です」(飯田さん)

かつてお年玉は、「御歳魂」といわれていた。稲の実りをもたらす歳神様に捧げていた鏡餅を、年少者に分け与えたのがお年玉のはじまりと言われている。
金額につい目がいきがちだが、この起源もぜひ頭にいれておきたい。

それでは肝心の金額であるが、現代では以下のような算出が妥当だという。
「“年齢÷2×1,000円前後”を目安に考えるとわかりやすいです。
たとえば、6歳で3,000円、8歳で4,000円です。お金の価値がわからない就学前の子どもにはお品物で渡すのもいいでしょう」(飯田さん)

■子どもにお年玉を渡すときの礼儀


さらに飯田さんはお年玉の渡し方についても注意があると教えてくれた。
「袋に入れるお札は新札で、親がいる時に渡すのがいいでしょう。子どもには、その場で中身を開けさせずしっかりお礼を言わせ、お金の有難みを教えます。
来たる1年が実りのあるものになるようにとの想いでお年玉を包んでいることも、言葉で伝えることが大切です」(飯田さん)

「お年玉」は本来、目上の人が目下の人にあげるものだ。目上の人はもちろん、上司の子どもに渡すのも失礼にあたるので注意しよう。

http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/51005c5cd35cbf61b47e05bdcbcfa880/

【【相場】お年玉の金額「年齢÷2×1,000円前後」が目安】の続きを読む

このページのトップヘ