体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

間違い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
businesswoman3_tehe

1: 2018/08/18(土)11:15:33 ID:yzC
年上女性の同僚なんやけど
間違いをそのままにしてると後で残念なことになりそう
指摘しても全然受け入れてくれる人

あとめっちゃ可愛い


【職場の同僚の間違いって正した方がいいもの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
drink_coffee

1: 2014/09/12(金) 13:07:47.50 ID:???.net
意外!コーヒーを朝 8 ~ 9 時に飲むのは大きな間違い!
http://news.ameba.jp/20140912-185/

朝のコーヒーは欠かせないという方も多いのでは? 
実は「朝 8 ~ 9 時にコーヒーを飲むのは効率的ではない」との意外な事実が明らかになりました。

アメリカの Uniformed Services University で神経科学を専攻している博士課程の学生スティーブン・ミラー氏によると、朝 8 ~ 9 時はコルチゾールという眠気を覚ますホルモンが血中濃度で高くなるので、コーヒーに含まれるカフェインが効かなくなるとのこと。

朝、会社に行く前にカフェに立ち寄ってコーヒーを買っていた人は、お金の無駄になっていたかも?!

それでは、何時にコーヒーを飲めば効率的なのでしょうか?

体内時計の働きにより毎朝 8~ 9 時にコルチゾールが最大値となり頭がスッキリとしますが、
その後はコルチゾールが徐々に下がっていくので、 10 時頃には少しだるさを感じるように。
そこで「朝 9 時半~ 11 時半にコーヒーを飲むのが最も効率的」ということになります。

ちなみに、コルチゾールの濃度はランチタイムに再び上がるので午後 12 ~ 13 時にコーヒーを飲むのもあまり効率が良くありません。そこで、「午後 13 時以降」に飲むのがオススメです。

「コーヒーは朝 9 時半~ 11 時半と午後 13 時以降に飲むと効率的」ということをぜひ覚えておいてくださいね。

Why drinking your morning coffee between 8am and 9am is pointless
http://www.news.com.au/lifestyle/food/why-drinking-your-morning-coffee-between-8am-and-9am-is-pointless/story-fneuz92c-1227038299196

【【カフェインの効果 眠気】コーヒーを朝8~9時に飲むのは間違い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
food_toast
1: 2014/09/21(日) 10:56:04.79 ID:???.net
「朝食を抜くと太る」は間違いだった! 朝食ダイエット問題に終止符か!?
http://tocana.jp/2014/09/post_4846_entry.html

ついに暑い夏が終わり、食欲の秋がやってきた。
体重増加を何とかして食い止めようと日々、つらい努力を続ける人も多いのではないだろうか?
しかし、今まで「定説」となっていたダイエットの常識がいきなり覆されたら、どうしますか?

朝食は食べても食べなくても同じ!?

朝食は身体のエネルギーとなり、後で食べ過ぎを防ぐとして、1日の中で最も重要な食事だと言われ続けてきた。
しかし、今回の新しい研究が正しければ、朝食はそう重要なものではないらしい。今まで信じられてきた説とは反対に、1日の最初の食事はその後の食事の量や間食にほとんど影響しないという事が発見された。
その上、今まで言われてきた様に、朝食は代謝を活発にする働きも無いという。
 
バース大学の研究者によれば、朝食を何も食べなかった人々と、起きてから2時間以内に350キロカロリーを摂取し、午前11時前には計700キロカロリーを摂取した2つのグループを6週間比較してみたところ、両者に代謝の変化はない事が分かったという。
 
また、主な違いは朝食を食べない人々は、1日の総摂取カロリーが朝食を食べる人より低かったことであった。
この結果は以前から信じられていた、「朝食を食べない人は、その後の食事をより多く食べたり、間食をしてしまい、その結果太る」と言う説に反するものだ。

しかし、もちろん朝食の習慣にまったく意味がないわけではない。
朝食を食べる習慣のある人は、朝食後により活発に体を動かす傾向にあり、食べない人よりも、より多くのエネルギー(約442キロカロリー)を使うという結果がある。
また朝食を食べる人は血糖値がより安定している。

ちなみに、この研究リーダーのジェームス・ベッツ博士は、朝食を食べる習慣
がない側の人間とのこと。そのせいで、周囲からはいつも健康のために朝食をとるように言われ続け、それに嫌気が差してこの研究を始めたと動機を語る。

大学の栄養、代謝、統計の上級講師であるベッツ博士は、「朝食がその日の最も重要な食事であるという考えは、一般に広く信じられています。
しかし実際は、朝食が人間の健康に影響するのかどうか、実は科学的な裏付けが何もないと
知って人々は驚きます。朝食をとる習慣のある人々が、よりスリムで健康的なのは確かです。
しかし、それらの人々は通常、バランスの良い食事や運動などにも気を使っています。
今回の調査で朝食が健康に対してどのような影響を持つのか、その実情を調べる事ができました」と話した。


「朝食を抜くと太る」ということはない

また、今月発表されたバーミンガムのアラバマ大学の別の研究でも、ベッツ博士の研究を裏付ける結果が出た。この研究では被験者を「朝食を食べないグループ」「朝食を常に食べるグループ」「現在の食生活を続け、何も変えないグループ」の3つに分け、4カ月後に体重を測った。その結果、4カ月後にどのグループも500グラム以上体重が減った人はいなかったというのだ。
これらの研究が正しければ、朝食が健康に良い習慣であるのは間違いないが、「朝食を抜くと太る」という説は間違いだったようだ。ダイエットに関して研究が進むと、様々な定説が今後も覆されるかもしれない。
願わくば、簡単に早く体重を落とせるダイエット法が発見されると良いのだが――。
(文=美加リッター)

【【ダイエット】朝食を抜くと太るは間違い【デメリット】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
suimin_man
1: 2014/08/14(木) 16:59:51.66 ID:???.net
「眠い=睡眠不足」ではない!?「眠くなったら仮眠」も間違い

◆「眠い=睡眠不足」は早計!? なぜ眠いのかの理解が必要

多くのサラリーマンが頭を悩ます睡眠。なかなかコントロールすることができないこの生理現象に関わるウソを見抜くには、一にも二にも睡眠の本質を知らなければいけないようだ。睡眠事情に精通する作業療法士の菅原洋平氏は語る。

「よく“7時間30分から8時間睡眠がいい”という話を聞きますが、それは正しくありません。
睡眠というのは、季節つまり日照時間や年齢によって変化するので、“◯時間の睡眠を確保する”という考え方ではダメ。大切なのは、起床時間を規則正しくすることです

なぜ睡眠時間の確保よりも起床時間のほうが大切なのだろうか。

「人間の体は起床から16時間後に眠くなるようにできています。
たとえば、忙しい平日の睡眠を補うため休日に正午まで寝ると、その夜は28時に眠る体になる。連休明けの出勤がツラいと感じる人が多いのはこのためです」

なぜ睡眠時間のことばかりが取り沙汰されているのだろうか。
「何をもって睡眠不足なのかが理解されていないからでしょう。眠い=睡眠不足ではない。
先ほど人間の体は16時間後に眠くなると言いましたが、8時間後にも眠くなるようにできている。お昼すぎに眠くなるのは当然なのです」

自分が睡眠不足かを把握するには、簡単な方法があるという。
脳は起きてから4時間後に最も活発になりますので、その時間に眠気があるなら睡眠不足ですね」
さらに気をつけるべきは仮眠だ。世間一般では、眠くなったら仮眠を取ったほうがいいと言われるが、それも誤りだと菅原氏は指摘する。

仮眠は眠気がくる前に取らないとダメ。眠くなってから取る仮眠は、16時間後に訪れる夜の眠りの質を下げます。眠くなる前、つまり起床から約6時間後に、5~10分の仮眠をするか、目を閉じるだけでもOKです


【【疲れ】「眠い=睡眠不足」と「眠くなったら仮眠」は間違い】の続きを読む

このページのトップヘ