kaden_airconditioner

1: 2018/07/26(木) 13:23:21.840 ID:lfZu7J+f0
連日の猛暑で、熱中症への意識も高まっている。
職場での対策は十分だろうか。
弁護士ドットコムにも毎年、切実な相談が寄せられる。
多くは社員の立場からのものだが、「職場の冷房が強すぎて体調が悪くなると主張する社員に対して、会社はどこまで対応するべきでしょうか」と、会社側からの相談も寄せられていた。

その職場では28度が設定温度。
しかし「狭い部屋に人が密集しており、OA機器の熱もあるため、実際には30度近くになる席」もあるため、熱中症の危険から温度を下げることを検討している。
しかし、ある社員は「体調が悪くなる」と頑なに拒否。
相談者は「寒いと言いながらその社員は十分な防寒をしません」と不満顔だ。

エアコンを使わせてもらえなかったり、逆に寒くなりすぎたりした結果、体調不良になる「エアハラ」(エアコン・ハラスメント)なる言葉もあるのだとか。
とはいえ、28度は決して寒すぎる職場ではないだろう。
設定温度を下げたら「エアハラ」になってしまうのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00008243-bengocom-life

【男「30度?!暑すぎる!」ッピ女「それ『エアハラ』だよ?」】の続きを読む