体ちゃんねる

健康、美容、ダイエット、筋トレや、スポーツの2ちゃんねる(2ch)まとめブログ。肌のトラブル、美肌が人気です。

44歳

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pose_tobokeru_woman

1: 2018/03/04(日) 16:13:26.45 ID:Y73O/D/i0
清葉アキ子、現在44歳婚活中。バブル世代は男性が奢ることがスタンダードだったけど……婚活サイトではほとんど奢らない!?

そもそも、「高いものを奢ってほしい」なんて思っていない。
見ず知らずの人にそんな借りをつくりたくない。
でも、たった数百円のお茶や数千円のおいしい食事を奢る(もしくは男性が少し多めに支払う)ことで、「楽しかった」という印象を残せるって、そんな簡単なことないんじゃないの?って思っちゃう。

実際、食事で悪印象ではなかったとしても、最後に「はい、折半ね!」と言われた瞬間に、サーッと冷めていく。
せっかく素敵なお店を探してくれたりいい時間をすごせたとしても、最後に「はい、じゃあ、ちょっとおまけで1万円!」と言われるくらいなら、300円のアメリカンコーヒーを奢られたほうが気分がいい。
むしろ、奢りじゃなくて1人数千円の居酒屋のほうが、“目的は食事じゃなくて顔合わせだから”って思えてスッキリする。

でも、もっとリサーチしていくと、なにより彼らの多くには“カッコつけたい”願望がないのだ。
もしその願望があったとしても、“奢る”で少しは“カッコつけられる”と思っていない。
私がどうこうではない。
そもそも、女性に対して“がんばる”願望がないのだ。
いままでの自分中心の(自分にだけお金を使ってきた)生活を変えたくないのだろう。
「最初に奢ったら、次からずっと奢っていかないといけないかも」という懸念もあるようだ。


https://suits-woman.jp/column/marriage/70449/

【44歳女子「デートで折半はやっぱり冷める!やっぱり男は奢るべき!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
man_niyari

1: 2018/02/19(月)14:57:46 ID:A7K
19万5000円
こんなもんやろ

2: 2018/02/19(月)14:58:04 ID:Dcv
普通かそれ

【オレ44歳の手取り給料が驚きの額】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/08(日) 15:37:04.72 ID:kpBt2snA0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
婚活という言葉を作り出して定着させた『婚活の時代』の発売から7年以上が経つ。結婚に向けた諸活動を前向きなものに捉え直した意義は大きい。
一方で、婚活を続けても結婚できずに疲れ果てて心身を病んでしまう人も少なくない。

志望校ならぬ志望異性が次々に現れるので、永遠にチャンスがあり続ける気分になる。
しかし、現実は非情だ。容姿も性格も能力も経歴も大きくは変えられないのだから、女性は32歳、男性は38歳を過ぎたあたりから急激にモテなくなっていく。それから5年ぐらいは「志望」を修正しながら相手をがんばって探したとしても、予想以上に厳しい結果に身をすり減らすことを覚悟しなければならない。

物事にはあきらめどきがあると筆者は思う。大手の結婚相談所は「あきらめて退会しろ」などとは絶対に言わないし、友人や同僚は気を遣って何も言えないだろう。
親は悲しそうな顔をするだけだ。ならば、男女関係に関する取材と執筆をライフワークにしている他人の筆者がここで断言する。
女性は39歳、男性は44歳になったら婚活は卒業したほうがいい、と。

理由は2つある。1つは、この年齢を超えると婚活をしても効果がほとんどなくなってしまうことだ。アラフォーで婚活をしている男性の大半は「子どもが欲しいので30代半ばまでの女性がいい」などと平気で言う。一方で、アラサーの女性は40代後半の男性は「上司に見えてしまう。恋愛感情は持てない」と切り捨てる。かの福山雅治ですら44歳で結婚したことを思い出してほしい。

もちろん、例外はある。「15歳以上年上の男性でもいい」もしくは「同世代(40代)の女性でもいい」という人だ。ただし、相手は何歳になっても「キレイな女性」「若々しい男性」を求めていることが多いので、身だしなみや立ち振る舞いにある程度の自信がある人でなければこの例外にもなれない。

2つ目の理由は、1つ目の結果とも言える。無理に婚活を続けていると快活さよりも悲壮感のほうが強まり始め、体調を崩してしまいやすいのだ。
仕事や生活にも支障をきたし、結婚どころか一人暮らしすらも成り立たなくなってしまう。そんな状況に陥るぐらいならば、結婚はさっさとあきらめて一人でも楽しく健康的に生きる道を歩んだほうがいい。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/toyoomiya/20151107-00051224/

【【諦めろ】結婚の「あきらめ適齢期」。男性は44歳で婚活を諦めろ!】の続きを読む

このページのトップヘ